2010/11/16 08:08
テーマ:釣法備忘録
魚・釣り物:アカムツアカムツのイラスト
コメント(12)

波崎アカムツ 釣法備忘録 仕掛け編


アカムツを一度に19尾も釣ると、集まる情報は多いです。今まで同様、忘れないように備忘録としてまとめて行きますが、引き続き公開していきます。


同じ条件なら19尾以上釣る方は、いくらでもいると思いますが、全部公開する人間はあんまりいないっすかねwww


とにかく好条件で釣行できる機会は多くないので、チャンスを逃さないようにコツコツいきましょう!!


仕掛けとかは、釣り方で全然変わってきますので、選択理由を書き添えてます。ご自分の釣り方にあわせて、ベストな仕掛けを生み出してください


一時期のフィーバーはちょっと終わってしまった感ありますけど、間に合いますかね?


まだ箇条書きレベルですが、釣行レポート と合わせてみれば、ま~ま~は役立つと思います。




■棚
・今期いままで波崎2回釣行時、かかってきたのは全部下の針だったので、波崎だから魚が浮いてるって感じでもない。東京湾で160mぐらいを攻める時と同じ棚範囲で、たまに浮いてる日があったり、デカムツは浮き気味って感じ
・まるかつさんの仕掛けでは上の針が底から2.3m 底から2.5mぐらいはカバーしておきたい
・アカムツの天秤仕掛けでの経験から、絞った棚に餌を集中しても、食いが落ちることはなく、むしろ好釣果
・捨て糸は、やはり短めに設定して現地で調整がした方が数がでるが、60cmだとあっという間に伸ばさざるを得ない

->枝間90cmの3本針 捨て糸75cmスタートを選択
(上の針までゼロテンションの釣り方だと2.55m)
 
ただし、釣り座、混み具合や条件によっては、投入時にオモリ遠投の必要性があるので、枝間130cmバージョンも用意

【後日追記】外道が多い時や棚が偏っている時は、針数削減も有効です。

19尾の内訳は上針3尾、中針8尾、下針8尾 これが魚の分布をよく表していると思います。

時間的な遷移はありませんでした。


■枝ハリス
・4号以上でも問題ない。ヨレと強さを考えてデカムツ用に太めがいい。
・長さは50cm以上が必須。一番下のハリスは10cm短め。外道用に底に針が落ちにくくするのと、底に群れている小型用に誘いの反応をよくするため。


■針
・ムツ17~18号が標準。新たにホタ針16号銀を試用
・ノリはムツ針の方がやはりいいが、ホタ針は巻き上げ途中で圧倒的にバレない。
 食いで切り替えるか、デカムツ狙いならホタ針選択がいい。
・波崎では基本デカムツ狙いなので、数釣りに色気を出している下の針以外はホタ針を選択。
・針の色は、金、銀、赤のどれでもいい感じ。黒は使った事がないのでわからない。
・換えハリス付き針を用意しておいて、ヨレたら即交換です。


■サルカン
・回転ビーズが、カラミにくく、かつオマツリ時に解きやすい。ただ、幹が繋がっているので寸法の調整が利かない。短くするのは簡単。だいたい寸法が見えてきたので回転ビーズを選択。
・寸法の調整頻度が高い場合は、三又サルカンの方がヨレの取れ具合もいいので切り替える

【後日追記】オマツリ時に仕掛けの幹を切ると、全取替えになります。糸結びが速い人は三又サルカンだと、糸のロスは少ないです。


■装飾品
・蛍光玉はいい方に転ぶことはあっても、食いが悪い事はなさそう。色はピンク系がいいイメージだが、緑系もいい日がある。まるかつさんの両使いを採用。外道が多い場合は外すので、ソフトタイプが必須。サイズは3~3.5号。
・今回は半身タコベイトを付けている方を多く見かけたが、よくも悪くもなさそうなのでつけない。

・水中ランプは付ける方が多い。いろいろ試したわけではないが、水中ランプの水中の抵抗がどうしても気になるので、ケミホタルをつけてみてるだけ。色は皆さんの水中ランプの色をみて、赤を選択。
 
■餌
・波崎ではサバ短冊とホタルイカの抱き合わせが今のところベスト。
・サバ短冊の大きさは、アタリがでるなら長さが短い方が食い込みがいい。光沢のある少し白めの部分を使用。
・80mm×10mm×2mmでスタートしてアタリが出たけど乗りが悪かったので、すぐに50mmの長さに変更。特にホタ針の場合は食い込みが悪いので、餌の長さは重要です。

・今回ホタルイカはワタは、とにかく食いに影響していた。アタリが止まったら、餌の総入れ替えした後に、アタリが即でるケースも多発。こういうケースでは、サバの短冊の新鮮さはあまり関係なかった。
・ホタルイカは4パック使いましたが、これはホタルイカのワタがアタリ餌だった場合。宿に状況を聞いて追加が必要か決めた方がいい。


■その他
・現地での仕掛け調整の可能性が非常に高いので、糸結び等が速くできるように慣れておく必要がある。
 
■誘い
・前回釣行2回でも全く誘いへの反応が見えなかったが、今回の爆釣でも誘いへの反応はなかった。ゆっくりの誘い上げ、誘い下げ、段付き、躍らせたり、急峻なシャクリ。クイクィ。色々試したが、誘い中、誘った後の停止時にも食ってこなかった。
・ゼロテンションにて仕掛けをジーッと安定させてる時のみのアタリ。
・湾アカムツだと小型アカムツは明らかに餌の動きにすごく敏感に反応するので、スタートは誘いを抑える釣り方で始めて、様子をみて調整するのが波崎では良さそう。
・ウネリもかなりあったので、その場合は、置き竿でもかなり餌が揺れる。餌、棚の安定という意味でもゼロテンションは今回有効だった模様。
・最終的には10秒から15秒間隔で、誘いというよりはオモリを離底して、仕掛けを船側に寄せて、またソ~ッと着底を繰り返した。
・船長からのアナウンスもあったが、ポイントによっては根かかりしやすい場所もあったので、着底時間は調整が必要。
・当然、潮の流れでオマツリする場合は、着底時間は制限する必要があるし、場合によってはゼロテンションは使えない。



ブログ村のランキングに参加中です

このブログがま~面白いって時は下の船釣りボタン をクリックして、このブログのランキングをあげてください。


※画像の左上に マークが表示されている場合は、画像上にマウスをもっていくかタップすると、画像への注釈が表示されます。

お名前(必須)
タイトル
URL
コメント(必須)
認証(必須)
<=

コメントする
Re:無題
>すずきんさん
おっ嬉しいコメントくださいますね。すずきんさん!!
私のブログでは、釣行記を読んだら、自分も釣りに行ったような気になって、釣法メモを読んだら、やけに釣れる様な気がしてきて、結局釣りに行きたくなる事が目標です。でもなかなか納得できなくて、日々文章が上手くならないかな~と悩んでます。
でも、完全にすずきんさんは思う壺www
今は、糸を通しやすい回転ビーズもありましたよ。店で見かけましたwww
2010/11/17 19:24:21
>>返信
Re:お答えしますね。
>まるかつさん
こんにちは まるかつさん
ありがとうございます。非常によくわかりました。
 巻き上げ時に、オモリ2個分の重みを感じたら、糸擦れの事を考えて多少速度をセーブするぐらいの余裕は持ちたいですね。
 回転ビーズは、思った以上にいい点はありますよね。最初これじゃヨレ取れね~よとしか思わなかったんですけどね。しかし、一番の特徴はおっしゃるとおり比重だと思います。胴突きより吹流しでは、特徴が際立ちますけど、実は私は、仕掛けの潮へのナジミ具合が、本当に読めないんです。なので最近はすごく気をつけてか感じ取るようにしてます。次はパラレルビーズをなんとか使いこなせるようになりたいと最近は思っています。
 また色々と教えてください。
2010/11/17 19:16:47
>>返信
無題
うぞっさんの詳しい説明読んでると波崎に行きたくなります・・^^;;
私も回転ビーズでなく親子サルカン派。
なぜなら、近くが見えなくてビーズに糸通せないから・・^^;;(なさけない・・)
すずきん
2010/11/17 13:01:00
>>返信
お答えしますね。
うぞっさんは研究(勉強)熱心ですね、好感が持てます。
オマツリ時の巻き速度ですが、速いからダメ遅いからダメという意味じゃないんです。オマツリしているのに気がつかないで放置なんて論外で、それに気付いたら教えてあげなければなりません。またオマツリしている場合は可能な限りどことマツっているか声を掛け合い同じペースで上げるのが望ましいです。特に道糸と道糸が交差している時はMAX巻きすればヤスリと同じで細い方が切れてしまいます。
また相手に魚が掛かっていればバラシにつながりますからね。

要は周りに気を使いながら観察しながら釣りをすると言う事です。初心者ならいざ知らず、中堅以上はこの考え方が必要でしょう。
自分はガンガン巻いて、「弛めてよ~!!」じゃダメと言うことです。

回転ビーズは良い点が沢山あるので私も回転ビーズ仕様のアカムツ仕掛けを作っていますよ。ヨレに強いだけでなく、軽くて潮の乗りも良いので効果的だと考えています。
ただオマツリが多い時には...と言う指摘でした。

鯛はあまりやらないんですが、テーパー仕掛けは同じ考えです。交換するのがハリス部分だけで済みますし、太いテーパーは潮の乗りも良い。手繰りやすいしね。
まるかつ
2010/11/17 12:56:55
>>返信
Re:人のオマツリも対処する気持ちで!
>まるかつさん
こんにちは まるかつさん
自分側に仕掛けが上がらない場合は、多くの場合はお任せして軽くテンションを張ってますけど、声掛け合って相手に状況を伝えるのを気にしている程度ですね。仕掛けが切るのは仕方ないし、回転ビーズの仕掛けは再生不能ですね。これはサルカンの場合でも全交換するので、処理速度は変わらないし、回転ビーズを残骸から取り出すだけやって後はゴミ袋に捨ててます。私的には、2、3本針の胴突きの幹のロスより、マダイ釣りの長いハリスが拠れたときに捨てるほうが精神的にはムダを感じます。そういう点でテーパー仕掛けはロスが少ない面はいいな~といつも思います。船長も回転ビーズの場合のオマツリのほどき方を熟練すれば、状況変わるかもとか思ってますけど、それを望むつもりは全くないです。
 オマツリしたときの巻上げ速度ですか?私の電動リールはかなり遅いけど、いつもMAX巻きしてました。まずいんですか?どちらかというと、オマツリしているのに気付かないで放置することが、道糸トラブルの元になると思ってました。両方が気付けば、オモリの負荷がかかるほうが遅くなるので、テンションがどちらも張られた状態で上まで上がってくるのが理想ですよね。最近の電動リールがパワーとスピードがありすぎてMAX巻きすると、追い越しちゃう可能性があるってことですかね?道糸が途中でタワムとPEラインの大きなトラブルの原因と思ってましたが、間違ってます?
2010/11/17 06:27:37
>>返信
人のオマツリも対処する気持ちで!
自分の側に仕掛けが上がった事だけ考えていてはダメですよ。解きに入った船長は接続具のところでバチバチ切ります。そして残骸を持ってきてくれますが、その場合は再生不能でしょうね。
最近オマツリしたとなると自分の側に上げようとするのか、やたら高速で巻く輩が多いです。それで道糸とのトラブルが増えてしまうのですが、もう少し全体を見て対処してもらいたいものです。
先日船長ともこんな話題が出ましたので。
まるかつ
2010/11/16 23:34:56
>>返信
Re:どう言うこっちゃ!
>マイティーさん
こんばんは マイティーさん
結構派手にやりましたよ!今までに経験したことのない大爆釣!www
自分でもアカムツの捕食画像みてみたいんですよね~アタリがあるのに食い込まない所。以前マゴチを水槽でみたり、NHKでカワハギとかクロダイ見ただけで、イメージが全く変わりました。
2010/11/16 20:46:01
>>返信
どう言うこっちゃ!
うじょさん、じゃなくてうぞっ先生、ブログ、見落としておりました。アカムツでヤラカシテいたのですね。うぞっさんが釣った時の水中画像を見てみたいですね。どんな状態なのですかね。これからは、アカムツじゃなくて、うぞムツと呼ばせていただきます。
マイティー
2010/11/16 20:13:41
>>返信
Re:無題
>D-FORESTさん
こんにちはD-FORESTさん
12日も結構信栄丸さんは乗ってましたけど、予約乗り合いで満員だと、潮とかサバとかあるとキツイでしょうね~
ま~船も少ないし、あんだけ広い根、水温の急変とかがない限り、当分は結構釣れるんだと思います。
私はアカムツで追い食いを狙った事はありません。追い食いした事はわかりますけどね。我慢なんかできず、一尾かかったら上げます!!なので追い食いしたときはどっちかというと失敗にあたりますwww
2010/11/16 19:06:11
>>返信
Re:オマツリ対策
>まるかつさん
こんにちは まるかつさん
外道で針数や棚調整は必要ですよね。私は仕掛けの捌きがかなり下手な上、竿も短めを使ってるので2本針派なんですが、3本針スタートのシナリオが爆釣の日は当たりました。外道も少なく、有利な釣り座にいましたからw
私も親子クレンを、まるかつさんとかなり同じ理由で使っていたんです。最近変えました。なぜかというと、オマツリ時に、枝スのコブ側を切って、針を引っ張ると、驚く程簡単にほどけるんです。親子クレンに比べて複雑なオマツリがほとんどない。なので自分側に上がったオマツリは、殆ど幹は切らない。見た目ヤバそうでも、驚くほど時間がかからない。かつビーズにハリスを指してコブを作ればすぐ復活します。これは意外ですよ。オマツリ時の対処時間が格段に短くなったし、トータルでは、使う仕掛け数もかなり減ってるんですよ。当然手間取りそうだったり、相手側に仕掛けがあがれば、切ることも増えますが、糸結びは速くない私には回転ビーズがあっている事に最近気付きました。
2010/11/16 18:55:58
>>返信
無題
14日に信栄丸に乗った方に聞いたところ、人数が多過ぎてお祭りばかりで大変だったそうです。何匹かお祭りでバレたみたいですから、釣果が落ちたというよりも釣り人の分母が増えた上にお祭りという阻害要因が出て来たせいでTOPの釣果数が減ったのでは?
相変わらず活性は高く、狙って追い食いもできたらしいですよ。
2010/11/16 12:23:11
>>返信
オマツリ対策
混んだ場合やサバが多い時はオマツリは必至、そんな時は2本バリにする事が重要です。
またオマツリ時接続箇所で糸を切ってほどく事が多いので、接続具は回転ビーズよりも親子クレンサルカンが適しています。これなら結び直して再生可能。回転ビーズ仕様だと交換になってしまいます。喰いには変わりがありませんが、大きすぎるのはダメです。
空いている場合はこの限りではありません。
まるかつ
2010/11/16 10:21:44
>>返信

ブログ更新情報

テーマ別

魚種・釣り物別