■ 2013年7月30日 鶴見 富士丸 LT午前アジ

2013/07/31 16:21
テーマ:釣行記
魚・釣り物:アジアジのイラスト
コメント(14)

ア、ア、アジフライが食べたい!!

ホクホク、ふわふわのアジフライが食べたいっ!



そんな衝動に突如かられて、珍しくアジ釣りに行ってきました。



お世話になったのは鶴見 富士丸さん。



 


自宅から高速を使わないで行ける宿で、メール会員割引もあるので、お得感を感じる宿です。


地理的に湾奥でもなく湾口でもないので、何釣りにしても船での移動があって、実釣時間は少な目になりがちですが、女性、子供半額とかもあるらしいので、押さえておきたい宿ですね。


朝、宿に6時前に着いてみると、午前アジのお客は俺を入れて2名。後3名来る予定とのこと。



少し離れた所に係留している船まで、小舟で移動して用意していると、なんとアジの3名様が来れなくなったとのことで、結局お客2名 仲乗り1名、船長が竿出しても4名という大名釣りになりました。


右ミヨシに陣取り、全員、右舷で竿を並べます。


隣のイカ船は、結構お客が乗っていて、かなり遠くまで行く予定らしく、手際よくセッティングした常連墨族さんは、既に、宴会オーラをだしてました^^


定刻7時少し前に出船!! うーーん 曇りで日差しがないのが逆に快適!


風があたって気持ちいい!


この船の向きは、中の瀬(たぶん)に向かってる?


ちょっとだけ走ったら、他の釣り船がいるところでスローダウン。



アンカー降ろす釣りって久しぶりだわ~っ


宿で借りた40号ビシにコマセ詰めて、餌の青イソメつけて、


さぁ アジフライ来いよ~っ


 



最近は100m以上の釣りが多いので、20mだとあっと言う間に着底!!


1m巻いて オリャ! とコマセを撒いたら


50cmぐらい巻いて、スーと竿先をあげて仕掛けをコマセの中に合わし込みます。


ビクビクン!


一投目から、乗りました!!


アジフライ^^


いまだに左巻きってぎこちないですが、アジのビクビクッにニコニコしながら、


ゆっくり目にウンショウンショと巻くと、


これまた、ぎこちなくアジビシを掴んで~、糸を掴んで~、よっこらせ!とアジを船の中へ!!!


いいね~いきなりおいしそうな アジフライサイズ!!!


この後、入れ食いでした^^



ただ、バラすバラす!!


船釣り始めた頃から、よくいろんな船長達に言われた


「一番のせてるけど、一番バラしてるよ!」


ってのは、今だ健在です^^


とはいえ、徐々にコツをつかみ始めて、バラすのも減ってきました。


十分オカズを確保した感じなので、後で捌くのも大変だからと


青イソメを、疑似赤タン(樹脂の蛍光赤タン)にして、少しペースを落とそっかな~


なんて思って仕掛け交換したら、あれあれ?


一回目のコマセ撒きで、アタリがでなくなりました!!


でもそのまま再度着底して、残りのコマセを撒くとアタる!!


コマセの中に上手に針を入れ込めてないな~


徐々に調整していたアタる棚も1mを切るような底ギリギリだったので、仕掛けが沈む時間分、待ちをいれたらアタリだしたり、





疑似赤タンは結構固い樹脂だったためか、バラシが再発!!


どうやってバラしを減らす?とかやり始めると、性格上テンションも上がってきて、


しかも、疑似赤タンの方が、圧倒的に手返し速かったりもする!




結局、上げるペースはほぼ一緒で、そのまま、釣れ続け、


納竿~っ


小さい型で傷ついてないやつは、速攻でリリースしましたが、


最終釣果は56尾(サバ2) 船中21~56尾



こりゃ、今日は泣きながら捌くパターンだな~


たぶん15尾はバラシたと思いますが、それでも半日でこれだけ釣れるって


いい日だったみたいです。


アタリが多いと本当に釣りってたのしいな~


渋滞の中帰宅して、シャワー浴びてタックル洗うと、


急いで魚捌き工場を開設!!


30cmを超えるアジが3尾いたので、それは刺身に!!


残りを三枚おろしと開きに捌いて、アジフライと干物にします。


そう! もくもくと!!!


う~ん いつまでたっても終わらん!!


いや、考えるな!! 機械になるんだ!!と延々と捌き続けて


なんとか捌くのは終了!!


サバは、そんなに太ってなかったんですが、1尾がおっそろしく脂がのっていて、ナマなのに身が白くて既に火か通ってるのぐらいの状態でした。


ただ、疲れて面倒だったので、竜田揚げ用に漬け込んじゃいました。ちょっともったいない。


そして、開いたアジはネットで干物とミリン干しに!!気温があまりに高いので室内干し!!


部屋中魚くさっ!!




ここまでで既に帰宅後、数時間が経過!!き、きついw


もう体力が残りわずかの状態で、もはやアジの刺身が、綺麗に捌けね~なんて感じだったんですが




食べると、うまっ!!あまいぃ!味がこいぃ!!


ここから、念願の ア ジ フ ラ イ!!


揚げたてをビール片手につまみながら


ホクホク~っ うま~っ


ん~アジってあんなに釣れるのに、うますぎるっ!


これが食いたかった!!


(新鮮でないアジフライは、俺は全く食べれません。アジフライ定食とか苦手な方)


いくらつまみ食いしても減らないアジフライと、サバの竜田揚げを、揚げ終えて、


 


なが~い1日が終わりました。


アジさん、サバさん、ごちそうさまでした。


近所と知り合いに配っても、これから数日は、朝昼晩、アジになりそうです^^


蛇足:一番大変なのが生ゴミ処理でした!!生ゴミ処理機に全部入りきらず、複数回に分けて処理しましたとさ。


※画像の左上に マークが表示されている場合は、画像上にマウスをもっていくかタップすると、画像への注釈が表示されます。

お名前(必須)
タイトル
URL
コメント(必須)
認証(必須)
<=

コメントする
Re:わぁ
>ドナさん
超新鮮な金アジのアジフライ!最高ですよっw
2013/08/22 12:19:59
>>返信
わぁ
美味しそうでよだれがじゅるり☆
ドナ
2013/08/22 11:19:06
>>返信
Re:好調ですね。
>すずきんさん
あははは、順調なんじゃなくて、ただの現実逃避ですよw
仕事がんばるためにも少しリフレッシュしないとダメですし!
こちらこそ週末よろしくです!
2013/08/01 20:28:46
>>返信
好調ですね。
最近、釣行ペースが上がってますね。
仕事も順調で、いよいよいつでも好きなだけ釣りいけるパターンに入ってきましたかぁ?^^;;
ともかく、沖に出れるのは幸せな事です。いけるときに楽しんじゃいましょう!!
で、週末よろしく ^^v
2013/08/01 20:14:24
>>返信
Re:無題
>マルッチPPさん
いや~さすがに捌くの疲れましたけど、それに見合うだけの味ですね!アジフライ!
こういうのが本当の贅沢だとおもうんですが、マルッチ家では普通なんでしょうね~^^
2013/08/01 18:54:19
>>返信
Re:無題
>まぁさん
釣ったアジフライ!最高だからね~っ
湾奥からもたくさん船でてるだろうから、行っちゃえば?
2013/08/01 18:51:44
>>返信
無題
釣りアジフライ こりゃ~最高っすよね(^^)
確かに 他のは食べられないっす^^;
最近 マルッチ家でも アジが一番消化時間早いっす!
マルッチPP
2013/08/01 18:42:26
>>返信
無題
あ、アジフライ食べたい!!!
浅場の釣りでこんなに釣れるなんて楽しそうー(о´∀`о)
がぜんアジモードになってしまいました☆
まぁ
2013/08/01 12:21:27
>>返信
Re:アジフライいいなぁ、、、
>スパ郎さん
アジフライ美味しいですよ~。今回はミリン干しも最高でした。黄色がかったアジのうまさにハズレなしですね!
2013/08/01 10:07:25
>>返信
アジフライいいなぁ、、、
アジって初椿丸で沖の瀬に行けなかったとき、
代替えで初めてやりましたが、アジフライ美味しかったです。

こんどアジフライ専門で出漁してみたくなりました。 (^^)
2013/08/01 09:41:24
>>返信
Re:大漁大漁!(^^)!
>汐留の漁労長さん
こんにちは 汐留の漁労長さん
いい日にあたったみたいです。アジフライ最高でしたが、今日朝食べたミリン干しも最高でした^^
Tシャツ注文ありがとうございました!!
2013/08/01 09:18:50
>>返信
大漁大漁!(^^)!
うぞっさん 暑い中お疲れ様でした。
すんごい釣果ですね~
湾奥のアジは美味しいです。
アジフライわかるなぁ~
お疲れ様でした。
※Tシャツ申込みましたよ~!(^^)!
汐留の漁労長
2013/08/01 00:30:08
>>返信
Re:半日船で
>白髭爺さん
午後は釣れなかったみたいなんで、いい時にあたったみたいです。確かに上がってくるアジの8割は黄みがかっていて、いいアジだ~とか思いながら釣ってました。アカムツTシャツ来る頃まで、湾アカムツ釣れてますかね~^^
2013/07/31 19:25:14
>>返信
半日船で
この数字は素晴らしい、しかもアジが金色脂乗り保障、金アジ干物最高ですね

私も釣れない魚ばかりやっていると、フラストレーション起きそうなので、秋になったら

その前に、真っ赤なアカムツTシャツ着て、新修丸でアカムツ釣りした~い
2013/07/31 17:04:40
>>返信
一番上へ戻る