2013/12/08 14:33
テーマ:釣行記
魚・釣り物:アマダイアマダイのイラスト
コメント(16)

もうちょっと大きくなってから釣られてねw

 
  

そんな日でした。

どうしてカマスが釣れないか、自分の決定的な癖を一つ自覚した次の釣行は、比較的相性のいいアマダイ釣り。

悪い癖は、余り影響しない魚って事なんでしょう!

朝3時に家をでて、事務所で一時間仕事してから4時に出発。

5時半前に小田原港につくと、半数以上の方が既にご到着でした。

お世話になったのは、去年に引き続き、小田原おおもり丸さん


参加者:まるかつさん(幹事)、すずきんさん、キャップさん、あられさん、汐留の漁労長さんかんこさんマルッチPPさん、いとうちゃん、ポン太さん、と、うぞっの10名


(帰港後撮影)


 

余りに寒くて、早々に皆さん釣り用のウェアに着替えてましたが、

今治のバリーさん?

蛍光色でフードまでかぶっちゃうと、○る○つさんのシルエットは、

ユルキャラグランプリにでれそうでした。写真には撮りませんでしたが、まんまるw

全員揃ってから、席クジを引いて、港にほど近い船宿で氷の受け取りと乗船料支払い。

ここで、刺し餌を購入したんですが、オキアミ1.5kgのブロックは餌のサイズMとのことで150円。

小さいけど大丈夫だよ!的に宿の人は言いますが、ほかに3Lサイズがあって400円だけど量が少ない。

餌をみると、う~ん パッと見MサイズはSサイズに見えるし、3Lはそこまでデカくない!!

カンコさんは去年Mサイズのを使ったらしく、小さくてダメだったよ!なんて言うので

結局、数と大きさで、両方 ご購入!!

宿では、船長が、

「軽い仕掛けがいいよ!うちのはサルカンもなにもついてない。

市販のは2.2mばっかりだよな~ガン玉も付いてるし。50cm長い方がいいぞ」


な発言を連発。

ただ、この仕立てのメンバーは、各々好きなようにやってるので、船長の発言は完全にスルーされます^^

港に戻って、いざ出船!!本日の釣り座は左胴の間です。




 

いや~やはり船上からみる日の出は最高だな~


 


 



 

真鶴で一度スローダウンしましたが、船長が潮の状況を見て、もう少し走りました。

結局、福浦沖(まるかつさんから教わりました)から、おもり60号でスタートです。

今回も、去年同様、棚で悩まなくていい、極端に軽くて短い仕掛けで攻めます。



サルカンが樹脂なので、ヨリは取れるのを期待しないで、餌付けだけは気をつけます。





 

始める時、大物を想定したクッションを入れるかどうか悩みましたが、かかったら丁寧にあげようと、クッションなしの感度重視。

仕掛けを投入すると、まっすぐ海底へ。

去年もそうだったけど、この辺は潮が緩いな~。だから船長が軽い仕掛けを薦めるんだろうな~。

今日のテーマは、

・アマダイの好奇心を刺激する
・アマダイにどうやって食わせるか?

というのを別々に進めるつもりです。

基本的には、

アマダイを仕掛けに注目させるため、小突く、砂地なら砂をごそごそ、餌を頻繁に動かす等をしてみて、興味を示すかを試し、

その後、警戒心を持たせないために、必ず仕掛けが落ち着くまでの時間を取り、

最後にひと食いさせるための仕掛けの動きを入れてみます。

アマダイ釣りでは外道が必ず絡んでくるので、できるだけアマダイのみにアピールできる流れにもっていきたいですね。

魚って体の横に側線をもっていて、ものすごく振動に敏感なので、小突くのは動きや砂煙ではなく、振動じゃないのかな~なんておもってやってる小突きですが、この日は全く反応なし。

なんと外道でさえ、仕掛けに寄ってこず、悲しいかな、オキアミが無傷で戻ってきます。

誘いを頻繁にいれてオキアミが無傷ってことは、仕掛けが完全に浮いているってことでもあるので、棚調整を下げていきます。

下がり過ぎると、根を通り過ぎる時に根がかりも起きてしまう。

下側の餌の先が痛んでる程度で戻ってくるのがベストで、この日は俺の仕掛けで底から70cm程度でした。

ただ、サルカンが付いてるだけで、1.3mとかになっちゃうと思います。

想定より緩くても、今回の潮なら十分横に仕掛けが展開できてる感じ。

ただ、これが餌の状況でわかるほど、魚の活性が~低い><

エサの確認で再投入時に、船長が「サバの群れが通過中~」と放送

案の定、着底前につかまって、いい感じのデップリサバのお土産をゲット。

再投入して、誘いをいろいろ試した後、しっかり停止時間をとってから、ノターーッと竿先をあげると

糸をちょっとだけこすらせたような、モタレっぽい違和感!!

これぞアマダイ!!!って感じで、


軽く オリャ!!とアワセます。

手巻きでテンションを維持しながら電動に切り替え。

最初下品に暴れたあと、断続的に変われば、オシオシ!!

あの、食わせ中の最初の独特のアタリは、咥えるんじゃなくて、吸い込むからなんだろうな~



上がってきたのは、去年はオチビちゃんばかりでしたが、お兄ちゃんクラス。

1年物じゃなくて2年物なんでしょう!去年たくさん湧いたので、今年はこのクラスが多いだろうと思ってましたが、やはりそうみたい。

船中の本命一本目だったみたいです。

その後、船中は本命がポツポツあがりはじめました。





 

俺も、2年物をポツポツ追加。

寄せてるのはいろいろでも、全て食わせたのは、ジワーッと誘いあげてる最中です。

誘いあげてるといっても、天秤とオモリが上下してるだけで、あげているのは1m程度の幅ですから、

針と餌は上下してるんじゃなくて、横に動いてるだけ。

アマダイが見つけている餌が、逃げようとするのを食わせるイメージで、活性の低い状態でも十分追っていけるゆっくりスピードにしました。

以前から誘い上げで食わせると、いつも竿先が上がり切ってからアタルことが多いので、これだとアワセも難しいし、アタリも明確に出にくいな~と気になっていたので、やはりジワーッと上げる方がいいですね。


上げている途中は、明らかにわずかな違和感も見やすいし、アタってからのアワセもやりやすい。

3尾連続で、ジワーッの誘い上げで食わせた後は、まったく誘い上げにも反応がなくりました。

ううう、止まった。






わずかながらあった活性が止まった。

風がわずかに出て、船が動き気味になるからと、船長からオモリ80号にチェンジ指令。



この辺から天気は快晴で気温も上昇!!



来ているものを脱いでいくほどの、ポカポカ 最高の天気です。

天気よくても、あまりに何にもかからないので、2本針2mから、活性が低い時用の3本針2.4mの仕掛けに変えようと思いましたが、

買った1.5kgのブロックからは刺し餌はほとんど取れない。取れても抱き合わせ。



そして3Lの餌はいい感じの大きさなんですが、なんとも数が物足りない。

うううう、カンコさんの言うとおりだった。3L×2が正解だった><

しょっちゅうブロックの中から刺し餌をより分け作業が必要で、しかもかなり大変。

いらんストレスだわ~

3本針なんかにしたら、ストレス倍増!!

結局、終始、上の針はブロック餌からなんとかより分けた餌を抱き合わせて、下には3Lにせざる得ない><


天気良くてきもちいいのに、餌についてだけイライラ




ここらで、「配給~っ」の声と共に、カンコさんがみかんをくださいました。イライラ少し解消。ありがとうございます!!

外道のアタリも完全にとまって、少し船で走り、最初通りすぎた真鶴沖に移動。

急に景色が観光地になって、まるかつさんが観光案内してくれます。

「あれが真鶴半島で、突端の岩が三ツ石。ここら辺は渋滞で有名」

渋滞のない海からなら、こういう景色をみるのはいいな~

まるかつさんが、見たことない魚を釣られたので、写真をパチリ!!



 

まるかつさんに名前は「ミシマオコゼ」で別名は3度煮ても身がやわらかくならないから付いてると教わったんですが、別名自体は忘れました。身が堅いのに旨いらしいので、薄造りとかででしょうかね!食べてみたいわ~


船長は、「見てくれ悪いから、いらないなら俺がもらう」なんて言ってましたが、最近俺は、こういう魚の方が旨そうに見えます。気にするのは毒があるかだけw

誘いも食わせもことごとく不発が連続してきたので、完全停止にしよう!と止めに入ったんですが、

ここでカマスが釣れないのと同じ癖が・・・

仕掛けの長めの完全停止を、我慢できない・・・

ついつい底確認やら誘いを入れてしまう。

これぢゃ~完全停止が有効かどうかもわからんぢゃん!!!!

「あ~もうダメ」と置き竿にしました。胴の間で波はないので、これで停止してくれます。

しかし、置き竿にすると、ついついよそ見をしてしまうんですが、

案の定、よそ見中にビヨンビヨン!!

「殺気が無いと釣れるの法則」か~><

結局、置き竿よそ見で2尾追加w



たてづづけに繰り出した「尿意の法則」は効きませんでした><

連発しはじめた左ミヨシ2番の、いとうちゃんを見ると、珍しく誘いを抑えて釣ってらっしゃる。

あははは、やるな~誘いを抑える忍耐力を俺にも分けてください!!


 
(ハンドルは復活してます)


またマッタリした所で、

船長が、「ここら辺は1月15日以降になると、でっかいのが入るんだよ~」

なポイントへ

船長、何度も何度も1月15日を連呼します^^

「今年、水温高いし、今12月だし~っ 12月7日に釣れる場所に連れてってよ~」

と、皆さん頭の中では突っ込んでるハズ!

ただ、そのポイントでポツポツ本命が上がるんですが、型が小さ目。

またまた、船長が「1月15日ならデカいのが~」を連発^^

1月15日って何があったんだろう?

何度か流し変えてるうちに35cm程度があがって、

その後、右舷で漁労長さんが、会心の50cmオーバーをゲット!!

なんと、尾びれが切れてしまっていて、漁労長さんは根掛かりしたと勘違いしたとのこと。

尾びれがないから、遊泳力が低くて重みばかり伝わったんでしょう!!船長が慎重に尾びれの付け根まで測って推定53cmとしました。

まるかつさんが、傷は治ってるから小さい時に怪我したんだろうとのこと。

よく50cmまで生き延びたな~

筋肉が鍛えられててうまいんじゃないかな~w

俺には2年物以上はかからず、後半はまた誘い上げでの食い込みが収まったぐらいで

納竿~っ

最終釣果は9尾(船中2~10尾)

アマダイ9、アカボラ1、サバ2(1持ち帰り)、トラギス4、キダイ?1

 
 


う~無理やりな松笠揚げになりそう!!


釣法メモとしては、


・今回の釣行で、仕掛けを軽くして棚を水平にするのはいい感じでした。
・最後に食わせるのは、魚の活性に合わせたスピード、あまりに活性が低いなら止めたまま。
ただ、遅めの食わせだとサクラダイはかかりやすかったです。
・どうやって魚を寄せるというか好奇心を刺激するかは、進まなかったです。小突きがいい日もあるのは確かですが、この日はダメでした。
・アマダイは餌を吸い込むため、上手に合わせても針が奥にかかる事があるので、針外しはいい奴を探したい。ハリスが痛んで替え針が4本では全然足りず。
・あと、おおもり丸さんにお世話になるときは、刺し餌は持参しよ!ですね。超ストレスでしたし、やれることが狭まったのが悲しいです。外道の活性が高いなら、餌はたくさんないとどうにもならない。

・すずきんさん、数年物の腐ったアサリで3尾上げたそうです。腐ってるのを意図的に使ったんじゃなくて、何度も持ってきては使わなかったのを繰り返しただけだそうで、雑食のアマダイにはアサリも有効なようです。メモメモw

帰宅前に事務所よって一時間仕事した後、道具洗って風呂入って、

オチビちゃんは即、干物行き。




 

味噌漬けを仕込んで、内臓系を処理したら残りは冷蔵庫。明日にでも楽しもう!!

当日はアカボラのカルパッチョ!



 

一尾しかかからなかったお久しぶりの貴重なアカボラさん!!!

いや~旨いです。味は旨みと甘みがあって臭みなし。触感は歯ごたえがあってフグとエビの中間?

アマダイは減ってもいいから、毎度10尾ぐらいアカボラはかかってほしいな~



まるかつさん幹事ありがとうございました。天気良くて、あったかくなって、ゆっくり癒された釣行でした。

 

アカボラさん、ごちそうさまでした。


 


※画像の左上に マークが表示されている場合は、画像上にマウスをもっていくかタップすると、画像への注釈が表示されます。

お名前(必須)
タイトル
URL
コメント(必須)
認証(必須)
<=

コメントする
Re:勉強になります!
>スパ郎さん
皆さんも同じようなこと考えていると思いますよ。忘れるからと、ブログの形で全部書く人間は少ないと思いますが、実際去年のを読んで釣行しますのでw
是非、アマダイいってください!!
2013/12/10 09:41:38
>>返信
勉強になります!
相変わらずきめ細やかな考察、勉強になります。
ワタシもアマダイいかなきゃ! (^.^)
2013/12/10 00:19:09
>>返信
Re:無題
>マルッチPPさん
おっとな~なお二人ですね。
アレだけ1月15日以降はデカイのが入るって言ったんだから、必死で釣らせると思いますよ!
天気よかったので気持ちよかったですね
また遊びましょう!お疲れでした!
2013/12/09 19:21:44
>>返信
無題
前方の席(特にすずきんさんとマルッチ)はちゃんと船長の話相手してあげてましたよ~^^;
確かに1/15という日付 非常に気になったのと
今喰うとこ連れてけぇ~って モンな思ってんだろぉなぁ~って 思ってました!
次回 違うと連れてかれたら どぉ~ツッコむんだろ!?
お疲れ様っした^^
マルッチPP
2013/12/09 17:54:34
>>返信
Re:お疲れさまでした
>たー坊さん
50cmオーバー釣りたいですね~
誘いを多くすると小さいのが多めに釣れるのは確かだと思いますが、誘いで大きいのが釣れないという感じでもない点がネックですね。
サイズの釣り分けも含めて、今回から、寄せと食わせの動きを別々に組み立ててみます。釣行回数が少ないので、警戒心が強い良型が気にする動きは、整理しないと見えてきそうにないです。
2013/12/09 16:05:16
>>返信
Re:追伸
>まるかつさん
「船長さっすが~っ」って船上で言える心の大人がいませんでしたから、まるかつさんに釣って言ってほしかったんだと思います^^
丁寧に電話してたことまで放送してくれるので、まるかつさんが会話の内容まで放送し始めるかもしれないぞ!って言ったのは笑いましたけどね。
エサさえまともだったら、私も軽い3本仕掛けに変えてました。
2013/12/09 16:00:26
>>返信
お疲れさまでした
天気も良かったし、凪だったし、のんびり釣りが出来たようで良かったですね。
アマダイ釣りも奥が深いですね~。
私は結構エサを動かすのですが、
平塚の船長は全然動かさずにデカイのを
狙っていると言っていました。
50cmオーバーにめぐり合いたいですね。
2013/12/09 13:00:56
>>返信
追伸
皆が船長の話を聞かずスルーするものだから、船長は痺れを切らせてトモのまるかつの所へ。
小声で「この3mの仕掛けを使ってみろ。」とささやきましたが、直結3本バリなのでオニとアヤメが掛かって一発で大パーマ。
1投だけの出番でした。
ちょうど釣れていなかったので、一発つらせようと思ってくれたんだと思います。

みんな船長の話は聞いてあげなくちゃダメだよ。俺が犠牲者になっちゃうじゃないか...。
まるかつ
2013/12/09 13:00:25
>>返信
Re:無題
>あかべーさん
なんとかしてサイズの釣り分けをして良型を釣りたいんですが、誘っても停めていても良型はかかるので、ついつい数がでる誘いをいれちゃうんですよね~。それが上達を阻む。やはり、撃沈覚悟で何度も続けて乗らないと見えないも事も多いですね。
にしても、もう少し皆さん船長の話に反応してあげればとか思ってました^^
2013/12/08 22:44:15
>>返信
無題
次頭ってヤツですね、おめ~^^
船宿さんの仕掛け話に耳貸さない、さすがブロガーさん達の仕立てってカンジですねw
おいしい料理で楽しんでください^^v
あかべー
2013/12/08 18:32:04
>>返信
Re:無題
>すずきんさん
あのメンバー誰一人船長の話を「へ~そうなんだ~」とか言ってあげてませんでしたね!もう少しお互い大人にならないとダメですね^^
餌、12Vで動く小型冷蔵庫とか持ち歩いて、いろいろ試そうかな~
また遊んでやってください。
2013/12/08 18:23:02
>>返信
Re:数でましたね~(^_^.)
>汐留さん
デカいの一本の方がいいですよ~
私も帰り混みました。
アマダイは、仕掛けと潮に合わせて棚を丁寧に調整するのだけは必須だと思ってます。誘いとかはいまだに全然わかりません。
あのデカいのうらやましかったです。
いい天気でしたね。お疲れでした&50cmオーバーおめでとうございました。
2013/12/08 18:18:40
>>返信
無題
お疲れ様でした。
良い天気で気持ちの良い一日でしたね。
毎度良く考えて釣りしてますね、参考にさせてもらいます。
もっとも、朝の船長の話スルーしてる一人だったから、次に行くとまた好き勝手にやるんだろうな^^;;
今度は新鮮なアサリ持って行ってみようと思ってます^^;;
またご一緒しましょう!!
すずきん
2013/12/08 17:58:03
>>返信
数でましたね~(^_^.)
うぞっさん 土曜日はお疲れ様でした。
帰りに東名渋滞、環状8号いつもの混雑で
3時間弱かかって帰りました。
それにしても数でましたね~あの渋い中
記事のように慎重さが必要なのですね。。。
また宜しくお願い致します。
汐留
2013/12/08 16:51:46
>>返信
Re:無題
>まるかつさん
キハチワですか~食べたら味で別名を覚えれそうですw
誘いが多いとアマダイは小さいのが釣れるけど、いいサイズが釣れた時に誘ってないって訳じゃないってのがネックなんですよね~。なので見つけてもらう作業と乗せる作業を切りわけて組み立ててみようと思ってます。カマスが得意になって、アマダイの大きいのが狙えるようにいつかなります^^
天気よくて気持ちいい釣行でした。幹事ありがとうございました。
2013/12/08 16:41:12
>>返信
無題
ナギの海ですっかりマッタリしてしまいました。
ミシマオコゼの別名は『キハチワ』です。薪を八把炊いても柔らかくならない...そんな事は無いんだけどね。
アマダイ、大きいのを狙って釣る事は出来ないので、皆さんそれなりに静かな海の釣りを楽しんでくれたんじゃないかな?
大きいのを狙うには、仕掛けを動かしすぎない事、と師匠に教わった事を信じているんだけど、なかなか巡り合えない物ですね。
まるかつ
2013/12/08 16:31:12
>>返信

ブログ更新情報

テーマ別

魚種・釣り物別