2016/01/28 12:30
テーマ:釣行記
魚・釣り物:オニカサゴオニカサゴのイラスト
コメント(16)
 
  

今期二回目のオニカサゴといっても、前回は中深場になっちゃって、狙えてない。

型がいいのが釣りたいって叫んだら、すずきんさんが勝浦・大原周辺は良さ目との話で、

ちょっと調べてたら、フラッと乗り合いで行ける宿は、数が少な目で混むのかな~

どうせ行ったことないし、最近は、玉砕覚悟で地味な宿もチャレンジしてみたいお年頃なので・・・

おっ、ホームページの情報量が少ないけど、いい型が出てるし同じ外房!!

海況と、出船予定を見比べて、あ、いけそう!

と、今回、またも初めての港、

飯岡港 三次郎丸さんにお世話になりました。

 帰港後撮影
 

電話できくと、だいたい4名ぐらい集めるか、早めに予約を入れてくれれば、人数が集まれば出るよとのこと。

前日に確認の電話を入れる時に、HPに書いてなかったので、餌付きます?って聞いたら、持参。

ふ~あぶなかった

餌用サバのストックはなかったので、仕事帰りにスーパー寄って、サバをゲット。

売ってたサバがデブっとして、黄色味がかったいい~サバ。

ううう、餌にはもったいないな~

なんて思いながら、大き目のサバ短にして、身は毎度晩御飯おオカズになりました。

朝、4時半集合で、全員集まり次第出船

と、電話口で言ってたので、こりゃ、平日の釣りバカ達の集まりは早いとみて、早めに着くつもりが4時ぐらいになっちゃいました。

最初宿で受付して、港に向かい、船に行ってみると10名乗船の10人目。

船はデカい!

最後の左トモ二番目に陣取りながら、やばい、また日陰?

準備を始めると、何もなかったかのように離岸中w

おおおお、俺が最後にのって、人数そろうと、昔の新幹線のように音もなく、出発。

立て続けに放送で、「視界確保のために電気消すから、船室で休んでてね~」

「1時間20分ぐらい走ります!」とのこと

そ、そんなに走るすか?

海も穏やかだし、スピードでてるのに、遠くまでいくんだ~

竿に糸さえ通す暇なく、船室に入ると暖房が効いていて、皆さんすでに準備終えて寝っころがって、お休み中。

おおおお、常連感、半端ねぇ~

飯岡沖オニカサゴ 仕掛け・タックル図 


俺だけバタバタ状態での乗船でしたが、とりあえず釣り座は真っ暗なので、船室で落ち着いて、

入口の戸を背もたれに休んでいると、海は荒れてないけど船が速くて、少し縦揺れして暖かすぎもあって、最後は気持ち悪くなってきた。

どうも急峻な縦揺れだけは、俺はすぐ酔うな~

しっかり一時間半ぐらい走って、ポイント到着。

アラもほしい人は、上まで目いっぱい誘ってね~なんて放送で、まだ暗いうちからの開始です。

おもりは持ってくるように言われた150号、200号のうち、200号天秤仕掛け指定で、水深120m

 


船長から「潮が速かったら、糸を出せば出すほどオマツリするからね~」

なんて話がアナウンスで出てましたが、PE4号だと、全然OK

ただ、船長がオマツリをほどいている時に、他のお客のPEを、糸細いよ~すぐ切れちゃうよなんて言ってましたから

深場前提の6号ぐらいが基本なんですかね?

お隣とのオマツリの時に比べるように見てみると、同じ4号にみえました。

 


さすがに200号おもりだと、終始手持ちはきついので

俺は置き竿でやってる時が多かったですが、皆さん、八割がた手持ちの方もいて、

よくよく見ると、どうもアラ狙いっぽく、上の方まで狙いを広げて、大きく誘ってる。

なるほど~

俺は、デカ鬼がほしいお年頃なので、丁寧な棚取りに終始し、吹けあがりだけはしないように続けました。

 


ほどなく、竿先がフワッ

えっ、食い上げ?

終始暴れるのは、そう、サバ君

餌にもなるし、餌用にスーパーで買ったサバを食べたかった心残りがあったので

結構うれしいw

続いて、しばし竿先を注視してると、グィンと下にツッコミ!

おおおお、デカいぞ~

って巻き上げ始めると、

電動がウィンウィンと唸ってなかなかな感触

ドラグ、少しでたな、おぃ!

鬼ならドデカ鬼~なんて思ってたら、竿先クィンと軽くなりました。

ば、ばれた

あげてみると、8号ハリスがスパッ

ブチ切れてるというより、完全にスパッと逝ってたので、サメかな~

とにかく、鋭敏な口の大物だな~残念><


船長が、 「今日は条件いいので、このままズーッと流し続けるよ~ 」

途中投入時は、潮が横に流れてるので、特に左舷側は強めのサミングを指示されます。

間にユメカサゴがかかった以外、お隣が小さめの鬼をあげただけで、いまいちの活性感なんて思ってると、

その後、竿先がクィ

おっ、 そろ~っと糸を送って

もういっちょうコィって、ググッっと竿先が入ったのでそのまま聞きあげると、

グググッと反応したので、手巻きでまず底から引きはがして~




グググッ

おおおお、のってるぞ~

電動オーーン

ゆっくり目で巻き上げると、重め~

でも暴れっぷりはいまいちで、たまに重くグングン

バレないでね~

この船では船長が客をよくみていて、船長がだいたいタモ取りしてくれるんですが、

なぜか船長が寄ってくる気配なし

なんか右舷が騒がしくて、そっちにいってるんの?

あがってきたのは、おおおおおお

デカオニ~

船長もすっとんできて、タモですくってくれました。

いや~会いたかったよ~

君に会いに来たんだわ

直後に右舷で7kgのアラが上がって、そりゃ船長もそっちいくわ!


 


船中では、アラで騒いでいても、俺だけは、樽に入った鬼君を眺めてニコニコ

なんてかわいいんだ!

 


今日のミッションはもう終了、って感じ

日陰かと思いきや、風はかなり西よりの北西から吹いて、船の真後ろに太陽。

終始日が当たって思いのほか寒くないし、ご機嫌状態

その後、アタリは少ないのですが、

なんとお隣の左舷トモのお客さんも

デカいのをヒット

じわじわ上げてくると、

海面に上がってきたのは、おおおお

またもデカアラ。7.3kg

すげ~

あんなにデカいの釣れちゃったら、配りきれんぞ!

 


釣るのはデカいのがいいけど、小さくてもおいしいアラなら、持って帰るのは半分でいいな~

でも、いいものを見せてもらいました。

少し話を聞くと、左トモの方は、完全アラ狙いのタックルでやっていて、

ハリスも12号、餌も小さめのヤリイカを一杯掛けの二本針、オマツリ防止用に他の人と同じ天秤仕掛けで流してました。

アラが釣れた後は、タックルを鬼用にセットをすべて変えて、そこまでは手持ちだったのが、今度は置き竿モードにされた上、

結局最後キロクラスの鬼を一尾あげてましたから

デカアラ釣れたら鬼に変える、この船の乗り方の理想形って感じでした。


この最初の流しは4km流したそうです。ながっ!

その後、右胴の間のお隣さんが、1.5キロぐらいのアラの一荷でアラアラとか上げました。

俺は、終始鬼狙いでしたが、終盤はサメとエソを釣っただけで、船中でも数があまりでないまま

11時15分に沖上がり。

向かい風の中、飛ばしてもやっぱり時間かかって帰港。

明るくなっていたので、船の方向を見ると、ほぼ、真東から戻ってきてます。

飯岡沖と釣果には書かれていましたが、対岸というより銚子のずっと東って感じですね。

大原周辺からも鬼船が出てるけど、ポイントは違いそうです。

最終釣果は、オニ1(帰宅後測ると1.7kg)、ユメカサゴ1、サバ2 船中はオニ0~2

 
 


1.7kgになるのは15年とかかかるんだろうな~

貴重だな~

感想として、魚影は濃いとは言えない感じでしたが、いい型のオニとアラが混じるので、それが特徴ですかね。

釣り物はオニカサゴになってますが、アラを強く意識した狙い方がいいんじゃないかと思います。

船長も気さくで、船もデカくて快適ですが、ちょっとポイントが遠いのと、高速降りてから少し走るので、多摩からしょっちゅう行ける宿ではないですね。

今度は大原と南房でも鬼を狙ってみたいですが、今期の鬼退治はこれで満足。


釣行当日は、そう、内臓系(鬼の肝は小さめ)


 


肝と胃袋を湯がいて、一味をふってポン酢で食う

ユメカサゴの肝もおまけで付けて、食べ比べ。

最近お気に入りのポン酢と合わせて、


 


ううううう、うますぎる。

ユメカサゴの肝の方が色はきれいだったんですが、味は2段階ぐらい鬼が上

ユメカサゴの肝が高級品とすれば、オニカサゴの肝は極上の超高級品~

こんなの店で食ったら、えらい出費、というか食えるような店に入れないw

胃袋のコリコリとした触感は、バクバク食うような価値のものではないのに

日本酒飲んじゃコリコリ感を楽しんで、

あっという間に食べてしまいました。

オニカサゴの身は、毒の棘をチョッキンして、3日間熟成してから、

そう、鬼しゃぶの予定!


オニカサゴさん、ユメカサゴさん、ごちそうさまでした。

※画像の左上に マークが表示されている場合は、画像上にマウスをもっていくかタップすると、画像への注釈が表示されます。

お名前(必須)
タイトル
URL
コメント(必須)
認証(必須)
<=

コメントする
Re:ニートな女子です。
>リサ ~ニート城を買う~さん
どうも
2016/02/17 18:58:21
>>返信
ニートな女子です。
どこから舞い込んでしまったのかは分かりませんが、初めましてニートです。俗にいうリア充というやつでしょうか、羨ましいです。今日巡り会えたことに感謝です。よければ、私のブログも遊びに来て下さい。
2016/02/14 08:19:46
>>返信
Re:無題
>マルッチPPさん
デカオニを目指して行ってなかったらアラに目移りして、用意もしてないのにブレてた可能性がありますね。
でかいアラを釣ってみたい時は、いいポイントに思えましたよ。
2016/01/30 10:31:38
>>返信
Re:ナイスサイズですね!(^^)!
>しおどめさん
オニの数がでるポイントではなさそうですが、アラは条件も良かったみたいで、すごいのが出てましたね。
たくさんはいらないけど一本はゲットしたい代物です。マトウ狙いはそろそろやめて、外道に切り替えては?
2016/01/30 10:30:25
>>返信
無題
デカオニ GETん♪ オメです(^_^)v
このサイズなら 納得ですよね~♪
でも アラ いいなぁ~^^;
マルッチPP
2016/01/29 21:44:09
>>返信
ナイスサイズですね!(^^)!
うぞっさん ナイスサイズですね~!(^^)!1.7㎏
ならもう1本で満足ですね。あ~私の場合はマトウで
満足しちゃうので、余計に羨ましいですよ。(まだ
壊れてます。!(^^)!)
飯岡遠征お疲れ様でした。それにしてもアラもいいですね。
しおどめ
2016/01/29 21:06:23
>>返信
Re:無題
>まるかつさん
もう鬼は昔のようには釣れないからね~なんて言ってましたし、
あの速度と時間なら、そりゃ油代はかかりますね。最初4名ぐらいは集めてくれればとの話は、行ってみて納得でした。
10名でも二枚潮で結構オマツリはしてましたが、船長の指示もしっかりしていて、
少し間をあけて、また乗ってみたい船ですね。
2016/01/29 09:26:45
>>返信
Re:こんにちは♡
>ふみさん
どうも
2016/01/29 09:19:31
>>返信
Re:無題
>リングスシャッドさん
シロギス釣りですか?しかも35年前w
高速がもう少し近くまで開通してれば、行きやすいんですけどね~
鍋が無性に食べたいときは、また行ければという感想です。
2016/01/29 09:19:11
>>返信
Re:無題
>ヨシケンさん
アラのサイズにはびっくりしました。
船長もかなり喜んでいたので、ポンポンでるサイズではないんだと思います。
うまい鍋食材をゲットするにはいい釣り物だと思いますよ!
2016/01/29 09:16:49
>>返信
無題
飯岡にはもう一軒アラ・オニを狙う船宿があったのですが、ポイントが遠く油代が掛かるので止めちゃいましたね。
魚も船も希少価値になりつつあります...。
大きな船に10人なら良いですよね。
2016/01/29 08:19:24
>>返信
こんにちは♡
こんにちは♪先ほどブログ楽しく拝見させて頂きました(・∀・)♡ブログっていいですね~あなたの記事を含め人それぞれ味がありますね!お邪魔しました!またちょくちょくきますね♪これを機に仲良くして頂けると嬉しいです☆
2016/01/29 00:58:54
>>返信
無題
いい釣りでしたね。
今から35年位前に三次郎丸さんでシロギス釣りした記憶があります。
懐かしいですね~。
2016/01/28 21:57:21
>>返信
無題
こりゃまた凄い船でしたね。
デカオニも凄いですが、
ビッグアラには驚きますね。
このサイズは年に数本なんでしょうね。
いつか行ってみたい船宿になりました。
ヨシケン
2016/01/28 18:26:15
>>返信
Re:やりましたね!!
>すずきんさん
ありがとうございます。おかげでミッションクリアです。
でかいアラを明確に狙っている人もいるので、結構あがるんだと思います。
この時期、鍋にするならどちらでもうれしいのですが、二兎を追うものは・・にならないようにするのが難しそうです。
2016/01/28 17:53:55
>>返信
やりましたね!!
デッカイのやっつけましたね、1.7kgはお見事^^v
私は飯岡は行ったことないんだけど、アラがそんなに釣れるポイントがあるんですか・・・
そっちもいいなぁ~、ニヤッ^^v
2016/01/28 16:41:19
>>返信
一番上へ戻る