2016/10/27 09:54
テーマ:料理
魚・釣り物:スミイカスミイカのイラスト
スミイカの手捌きを教わってるときに、カラスと呼ばれる口の部分も美味しくていい酒のつまみだよ!とのことで、今回は残しておきました。

中の黒いクチバシ部分は押し出すとスグとれるので、残りを綺麗に洗って、

2杯分のゲソを、シイタケと一緒にバター醤油炒め。

コリコリ感がいけてる<br>スミイカのカラス

これで、スミイカのカラス6杯分

オリーブオイルでワイン、<br>バター、醤油で味付けしたスミイカ

食べると、 「おおっこりゃいい! 」

コリコリとした触感もあり、味も良くて旨い。

串にでも刺して焼いたら、最高だが、一杯でたった一つだからな~

旨いと知ったら、貴重な食材であるからこそ、より美味しく感じる。


あと、冷蔵庫で寝かせておいたキントキ五目で釣ったアカイサキが5日程経ちました。

船釣りを始めた頃、アカイサキは全然美味しくないという評判を耳にして、それが俺の印象を支配していたんですが、ちょっと前、まるかつさんが長めに寝かせるとおいしいと言われていて、えっ?じゃ今度釣ったら真面目に食べようと!

冷蔵庫から出してみると、身が少し柔らかくなっている。

三枚におろしてみると、少しピンク色した身はいかにも美味そう。

5日熟成アカイサキ

刺身にして食べると、

「確かにいけるじゃん!! 」

5日たっても身のしっかり感は残っていながら、甘さと旨味が程よくあります。

もう一日置いてもいいかなって感じでしたが、アカイサキは、5日寝かせてからの様子見ですね。

オキメバルは4日、アカイサキは5日、メモメモ!!

スミイカさん、アカイサキさん、ごちそうさまでした。

※画像の左上に マークが表示されている場合は、画像上にマウスをもっていくかタップすると、画像への注釈が表示されます。

お名前(必須)
タイトル
URL
コメント(必須)
認証(必須)
<=

コメントする

ブログ更新情報

テーマ別

魚種・釣り物別

一番上へ戻る