2017/04/29 08:50
テーマ:釣行記
魚・釣り物:アカムツアカムツのイラスト 乗合
コメント(10)
大原の考栄丸さんにオニカサゴの予約を入れておいたのですが、お客がもう一人集まらず、女将さんからのかなり恐縮しながらのごめんなさい電話が夕方きました。

いえいえ、仕方がないですよ!近場じゃないでしょうし。

他に船でないかな~と電話で当たってみると、力漁丸さんは 「お客2名しかいなくて、断っちゃったよ 」

ガーン

その他の宿も全滅。

新しく船釣り.jpに組み込んだ、隣の港へのボタンを押して、大原からどんどん北の船宿 (ふなやど:釣り船や屋形船を生業とするお店の事) に当たってみます。

南側に探せば出る宿はあるんですが、型がいまいち感があるので、今は大きいのが釣りたい。

とは言え、鬼をやる宿は少なく、さらに北へいって外川で一人でもアラ・鬼が出るようなことを書いてる宿に電話してみると、
 
「あ~さすがに鬼は一人は無理だっっぺ。一時間半走るんだわ 」

あはは、やっぱり、一人で出るのは近場の話だよね^^ 前飯岡から行ったあたりかな。

うーーん、無理かな~GWは仕事をしてるので、その前に鬼に行きたかったんだが・・・

ってこの辺までかな~調べるのはと、波崎まで北にくると、ん?アカムツが釣れてる?

どうも釣果 (ちょうか:釣れた魚の数) を見ると300mぐらいを狙ってて、ボチボチ釣れてるらしい。

カンネコ根じゃなさそうだが、PE4号を400m巻いてるからいける?

最初の宿に電話してみると、 「明日、アカムツ出るよ。4号400mでいいよ 」

餌のサバ短もあるし、ホタルイカは付くらしいし・・・

「じゃ、お願いします 」^^

急遽 オニカサゴボックスをしまい、 アカムツ300 」と書かれたタックルボックスを引き出しました。

釣り物別タックルボックス

最近は仕掛けの寸法が大体固まった釣り物が増えてきたので、釣り物ごとのタックル (たっくる:釣竿やリール、仕掛けなどの釣り道具一式のこと) ボックスに切り替え中です。

どんな感じの仕掛けかを聞くと、 「3本針の50cmぐらいの胴付きで、おもりは200号 」

東伊豆用で作った仕掛けを予備に、新たに2組仕掛けをパッパッと作ってあとは現場で考えよう!!

初めてのポイントは、大体撃沈だしね^^

「5時ぐらいにでるから、5時までにきて! 」

いいね~ゆるゆるな集合指示。

お世話になったのは、波崎 三栄丸さん

波崎 三栄丸
帰港後撮影

朝4時半に港に着くと、すでにお客が2名。

一人が予約時に電話を聞き間違えたみたいで、4時集合と思っていたらしく、一時間待ってて、お仲間にそうとう突っ込まれてました。

ほどなく、お客がもう一人見えて、最後に船長がきて 「4名だがら、右舷に並ぶべ 」

俺は、右ミヨシ (みよし:船の中の位置で船首側を言う) 先頭に入りました。

帰港時には潮が引いて同じ桟橋につけられないかもと、200mほど河口側に船長の車を置いて、船長を拾ってから船まで戻って船上で乗船名簿を記入し、

船室に寝っ転がって5時出船です!

海は凪で快適に走りますが、フルスロットルではないとしても、長時間走ります。

結局2時間走ってポイント到着(30km強沖ですね)。

アカムツポイント

いや~長いこと走ったわ。

さぁ、オニならぬアカムツ君よろしく!!

投入して着底は260mぐらい?

すぐにブルブルとアタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう) が出ますが、こりゃ違うな~

と上げる途中でサバにつかまります。

上がってきたのは上からサバサバ、ユメカサゴ。

それからは、サバとの長い闘い。

いい型のサバで1,2尾はほしいんですが、全針サバ

やっとこさ着底して待ってると、オッいいアタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう) !とか思ったら、急にサバっぽく変化。

あれ~?なんて上げると、一番下だけ黒ムツでした!

とりあえずお土産はあるな。

最低着底はしたいので、どんどん装飾はなくなり、針数も減らし、2本針、黒ホタ、餌は小さく白い部分を減らし・・・

シンプルで地味な仕掛けになっても、それでもほとんど着底しない。

大きいサバだけクーラーに入れてましたが、もういらない。

中盤までは、まともに底で釣りができませんでした。

海は凪だがサバが元気

貴重なわずかな着底時間でも、すぐにガクッと落胆する竿先ブルブル。

捨糸150cm、枝間130cmの2本針でもユメカサゴのダブル。

魚の活性はあるんだけどな~

上針まで食ってくるなら、捨て糸 (すていと:胴突き仕掛けで、一番下の針の分岐からオモリまでの糸の事。根掛かり時に切れる事を期待して、細めの糸を結ぶことが多い) を伸ばしても仕方がないし。

船長も流し (ながし:一つのポイントで釣りを開始して竿を上げるたまでの一単位。通常潮の流れにまかせる流し釣りの場合に使用する。流し終わると別のポイントへ移ったり、同じポイントの場合は潮上まで戻って流しなおす) 替えでもずーっとポイント探しで、開始の合図もなかなか出せない。

たぶん、サバの反応の少ない所を探してるんだろうが、見つからない感じ。

なんとかチビ黒ムツをもう一尾追釣しただけの前半でした。

同じポイントで、信栄丸さんも流し (ながし:一つのポイントで釣りを開始して竿を上げるたまでの一単位。通常潮の流れにまかせる流し釣りの場合に使用する。流し終わると別のポイントへ移ったり、同じポイントの場合は潮上まで戻って流しなおす) てました。お客が12人乗ってたので、四隅以外はきついだろうな~

大人気の信栄丸さん

後半になって、急に着底頻度が上がりました。

どうも日が上がってサバの群れが移動したらしい。

チャンス!と仕掛けも地味系から通常版に戻します。

ただ、この時間ぐらいには、すでに潮がカッ飛んでました。

260mで着底して、底を維持しようとすると、どんどん糸を出すしかない。

それでもちゃんと着底すれば、なんとか底の釣りができる!!

ってそばから、ググン

あ、なんか乗った!!

完全にもう乗ってるので、巻き上げ開始!!

ググン、ググン

うわっ、アカムツっぽい

と、お隣さんも、巻き上げ開始!!

群れてたのね!^^

いや~300mって長いな~

でも明らかにアカムツっぽいので、重たくても竿を置けない。少しでもうねりを体で吸収します。


グングンするたびに、バレ (ばれ:魚がかかったが逃げられること) ないでね~

ドキドキの長い巻き上げで上がってきたのは・・・

えへへへ、ルビー色 40cmでした。

いい型のアカムツ

いや~うれしいわ~

お隣も続くよ~と見てたら、あと10mで竿先クン

お隣さん 「バレた~っ 」

ええええ、浮くかも

皆で回りを見回すと、だいぶ先でカモメが集合してる真ん中に赤いものが・・潮が速くてあんな先・・・

たまたま竿が上がっていて、船長が寄せますが、近づいた頃にはカモメも赤いのもいませんでした。

ううう、残念~

俺にかかったのは三本針の真ん中で、マシュマロボールは、ケイムラ。

時期尚早ながら、下針のマシュマロボールをオレンジからケイムラに変更しました。

波崎 深場アカムツ 仕掛け・タックル図

次の流しは、胴の間 (どうのま:船の中の位置で中央付近(左右両方)を言う) 二人が、34,5cmの本命をゲット。

俺は乗らなかったしアタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう) は見えなかったですが、一番下の針のサバ短とホタルイカの肝が持っていかれてました。

おっ、今日はケイムラに反応するのかな。こりゃいけるか!

続いての流し (ながし:一つのポイントで釣りを開始して竿を上げるたまでの一単位。通常潮の流れにまかせる流し釣りの場合に使用する。流し終わると別のポイントへ移ったり、同じポイントの場合は潮上まで戻って流しなおす) は、最初サバにやられて入れ直しても、なんとか底を維持すると、

小さくグン

そのままのって、巻き上げ~

ユメカサゴ独特のブルブルアタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう) ではなかったので、もしかして

大きくはないが、本命かもな~

なんて巻き上げ開始20mぐらいで竿先クン

「あ、バレた 」

ガックシ。

型は小さかったが本命だったかもを、バラしました。

上がってきた仕掛けをチェックすると、一番下の針の餌がやられてましたが、針先や形状には異常なし。

うーーん、掛かりが悪かったのかな~

ま~どうすることもできなかったな~。この深さで合わせれば、針穴が海面まで持つとは思えないし。

魚の存在は明確に感じるんですが、潮が速すぎだわ~

260mで着底して、底を維持すると、どんどん糸がでていって340mぐらいまで出た頃、船長の流し (ながし:一つのポイントで釣りを開始して竿を上げるたまでの一単位。通常潮の流れにまかせる流し釣りの場合に使用する。流し終わると別のポイントへ移ったり、同じポイントの場合は潮上まで戻って流しなおす) 替えの合図。

間にサバの攻撃が少しでも入ると、ほとんど底を攻めてる時間がない。

そんな中でも、唯一の頼みでもある、こりゃケイムラボールは今は取れない!と一番上の針だけ地味にして下二個の針で勝負。

なんとかサバにやられず着底して、底にいると、

ググン、ググン

うわっ乗った!

いいぞ~こりゃ

今回は重みがある!!

グングン、グングンと断続的に暴れるのにニッコリ

でもドキドキ。

巻き上げを速くしたい衝動を押し殺しして、長い長い巻き上げ時間を竿をもって耐えます。

祈るような気持ちで上がってきたのは~

赤いルビー君!サイズアップ!!

写真なんか撮らずに今がチャンスと再投入するも、時間切れ

そのまま、時間で納竿 (のうかん:釣りを終了すること) です。

最終釣果 (ちょうか:釣れた魚の数) は、アカムツ2(42,40cm)、クロムツ2(35、31cm)、ユメカサゴ5(チビリリース)、サバ多数

船中は、アカムツ0~2(船中4)

アカムツ2尾

うろこ取った後撮影したクロムツ

いや~難しかった~

魚はいる感じがすごくするんですが、サバと速潮でまともに狙えない。

二枚潮 (にまいじお:海の上層と下層で潮の流れる方向が違うこと。釣りにくい) と船長もお隣さんも言ってましたが、それは俺にはよくわからない^^

ともあれ、初めてのポイントで、40オーバーを2本揃えられたので上出来ですね!

あと一本40オーバーが出れば、以前バカでかいのをもらったまるかつさんに置いていけるのに><

おもりは皆に250号も持ってこさせて、切り替えれる方がいいですね。

通常は200号で大丈夫だと思いますが、速い日もあるし、一人だけ変えたら悲惨だと思いますので。

腹周りは真っ白なアカムツ

腹周りは真っ白^^

他のお客と、ここ2年のカンネコ根のサイズダウンの話をしたら、皆さん 「釣り過ぎ 」が原因という話になりました。

そして、最も悪いのは、 「ニシコーリ 」という結論^^

「のどぐろ 」の旨さを 「ニシコーリ 」が食べたいとか言ったもんだから、若い女の子が知ってしまった。

モテたいオヤヂ達が色めきたって釣ったから、大きくなる前に釣ることになってるんだろうって^^

しかし、この深いポイントはまだいいサイズが残ってるが、ここもGWでみんなで攻めたらあっという間に魚が減るだろうにな~

そうなっちゃうと、秋の浅場のカンネコ根に集まるアカムツ自体も減って魅力がどんどん下がってしまいそうです。

ま~漁師とか釣り人は、制限をしたらしたで、逆に短期集中して集まるので逆効果との話もあり、難しい話です。

帰宅して、魚を処理したら、40cmの方を兄が帰省するときに携えてくれて、実家行き決定。

今回はデカかったので、釣行当日の内臓系に、アカムツの胃袋が加わります。

そして、定番の肝とまだ成熟しきれていない真子の煮付け。

アカムツの胃袋の湯引き

アカムツの肝と真子の煮付け

うーーん、コリコリの胃袋からの濃厚な肝の煮付け。

日本酒が、倍美味くなる。

クロムツの肝も食べたら、これはこれで相当美味しいんだが、アカムツの肝を食べた後のため、コクが数段下がる。

デカいアカムツの肝はおっそろしい味だな~

アカムツさん、クロムツさん、ごちそうさまでした。

※画像の左上に マークが表示されている場合は、画像上にマウスをもっていくかタップすると、画像への注釈が表示されます。

お名前(必須)
タイトル
URL
コメント(必須)
認証(必須)
<=

コメントする
Re:
>スパ郎さん
今回は正直よく2本とれたなと思うほど難しい条件だったんですが、潮がほどほどでサバがいなけりゃ相当釣れる感じでした。
ただ、ポイントは狭そうでしたよ!
チャレンジしてみてください。
うぞっ
2017/05/01 13:24:29
>>返信

うおっ! 憧れの深場のアカムツ!
初乗船で2本ゲットは流石!
うーん、黒ずんだメタリックレッド! 涎がとまりませんww
スパ郎
2017/05/01 12:54:51
>>返信
Re:
>まるかつさん
深場のポイントは数多くあるでしょうし、あれだけ深いとどんな客でもOKって感じでもないとはいえ、複数の船が攻め始めるとあっという間でしょうね。

カンネコ根のアカムツの群れに船ごと突っ込む姿が幻になったら、悲しいですね。
うぞっ
2017/04/30 10:02:08
>>返信
Re:
>満留和さん
いくなら早い方がいいですが、空いてるか四隅じゃないと厳しい深さでしたよ。
サバ釣りと思えば楽園でした^^
うぞっ
2017/04/30 09:56:33
>>返信
Re:
>すずきんさん
資源保護なら産卵環境を守るのが一番効率的でしょうが、カンネコ根はやめれないでしょう^^
船数制限が現実的とはいえ、みんなの海ですから、やっぱり海の力を信じるか、釣れなくなるかしかないんでしょう!
攻めてる時間が短くて2本上げれたのでラッキーでした。
うぞっ
2017/04/30 09:54:56
>>返信

ハイシーズンにカンネコの150mであれだけ釣れるんだから、周りの深みには居るんだろうなとは思っていました。
資源保護の観点から今までやらなかったのか?深いのでお客をたくさん乗せられなくて商売的にやらなかったのか?
これを始めちゃうと、波崎の船は出船頻度が高いですから先行きが心配ですね...。
一年中アカムツ攻めて波崎で釣れなくなるのも数年先と近いかもです。
まるかつ
2017/04/30 08:51:46
>>返信

さすが、うぞっさん。
しっかりお仕事されますね。
こういう記事みると、、、、
満留和
2017/04/30 04:01:19
>>返信

ちょうど今日、まるかつさんと”波崎で深いところのアカムツやってますね”って話しをしていたところでした。
この深さを攻めちゃって、乗っ込みシーズンに影響しないといいんだけどね^^;;
ともあれ、40cmオーバー2本はお見事、おめでとうございます!!
すずきん
2017/04/29 21:36:39
>>返信
Re:
>なべさん
三栄丸さんは、独特の雰囲気をもった船長ですね。なんとなくってのがわかります。
ポイント的にはもっと釣れる感バリバリでしたが、今回は非常に難しかしい条件だったので、二本とれたのはラッキーでした。
うぞっ
2017/04/29 21:24:45
>>返信

うざっさん
NICE方向転換でしたね(^^)
私は三栄丸さんの船長の感じが、なんとなく好きなんですよねw
しかし、この時期にグッドサイズのアカムツですね!
読んでいて、難しい状況だったようなのに、流石です(^^)
なべ
2017/04/29 12:42:05
>>返信
一番上へ戻る