2017/09/23 13:40
テーマ:釣行記
魚・釣り物:キントキキントキのイラスト 乗合
コメント(14)
秋口のデカ目キントキ

去年美味かったので、今年も行かないとね。

お世話になったのは、乙浜港 しまや丸さん

乙浜港 しまや丸

前日夕方、船長から電話があって、最初30分~一時間、サビキ (さびき:魚の皮やビニールなどをハリに巻いた擬似バリを何本も付けた仕掛け) 釣りをやるとのこと。

アジとかクロムツとかカンパチとか・・・

どんな釣りなのか想像できん!

船にも仕掛けが置いてあるとのことで、手元に残っていたサビキ (さびき:魚の皮やビニールなどをハリに巻いた擬似バリを何本も付けた仕掛け) 仕掛けだけもってきました。

集合5時で、15分ほど前に着いて船長にこのサビキ (さびき:魚の皮やビニールなどをハリに巻いた擬似バリを何本も付けた仕掛け) でいい?とサバとか釣るでっかい15号ぐらいの針のフラッシャーみせて聞くと、

「ん~アジは食ってこないかもしれないが、やってみてダメだったらウチのを使えば? 」

いいね~ユルユルで!

釣り座配置

「朝一のポイントまで2分だから、用意しといてね! 」

「2、2分!? 」

5時20分、河岸払い (かしばらい:船を離岸し、海に出る事) で、港前でさぁ釣行開始!^^

港前でお土産釣り

水深10m!すぐに水深6mの場所へ

おいおい、仕掛けの方が長いんじゃ?

表層はカマス、中層はアジ、下層はクロムツ

降ろすとなんか食う、入れ食い (いれぐい:仕掛けを投入した度に釣れること) です。

しかも、一番かかるクロムツは、

「これってもしかしてクロムツ? 」

って感じの小ささで、16,7cmが大半。

サビキ (さびき:魚の皮やビニールなどをハリに巻いた擬似バリを何本も付けた仕掛け) なので餌付けもないわけで、降ろしてすぐかかって、ほとんど巻く必要もなく、ちいさいアジやらクロムツをリリースして、

少しまともなのだけを取り込んでまた降ろすの繰り返し。

いっそがしい。

でも楽しい^^

小さくてもさすがにクロムツだけあって、ハリス (はりす:仕掛けの中で針が結ばれている糸。魚に警戒されないように最も細い糸を使う場合が多い) を切られたり、幹も傷んだりもするので

次第に仕掛けがいい感じで短くなっていきます。

お土産をゲットして、すぐ終了~

小さいけどお土産ゲット

ちびクロムツだけでも12,3尾はリリース (りりーす:釣った魚を放流すること) しました。

引きも結構あるので楽しめますね~

乙浜沖の朝焼け

続いて20分弱走って、本番です。

キントキ五目のポイント

「水深50m、底から1mか2mぐらいね~ 」

支給イワシ餌

最初は、持参のサバ短と支給イワシを交互に付けてやってみます。

スタートセットアップ

着底して、少し棚を切って待っていると、

いきなりグングン

かるく合わせて、

重みも、鋭さもある断続的なグングン

そう!これぞ美味しそうな引き!

いいね~引きは最高。

この暴れっぷりは?

キントキ39cm

キントキ39cm!

船中一尾目でした。

船長が 「昨日、潮が速くて本命ゼロだったのに、今日はいきなりいいのが釣れたよ 」

と放送してます。

前日に本命ゼロの丸坊主 (ぼうず:狙った魚が一匹も釣れない事。オデコともいう) って、最近アカムツで聞いたばかりで、連続だな~

そっか~昨日は釣れずに帰りにでも浅場でお土産釣らせたんだな~

だから今日も急遽、保険で浅場のサビキ (さびき:魚の皮やビニールなどをハリに巻いた擬似バリを何本も付けた仕掛け) をやったんだ。

その後、船中でも、良型 (りょうがた:大きなサイズのこと。 「りょうがた 」もしくは 「りょうけい 」と読む) キントキがポツポツあがります。

俺も追釣!

なんと左ミヨシの仲乗り (なかのり:船に同乗して釣り人のお世話をする人。余裕があると一緒に釣りをする事が多い) さんが、5連ズラズラ。

船長 「昨日の客が、怒っちゃうな~ 」

しかも、左ミヨシの仲乗りさんだけコマセ (こませ:魚を寄せたり、活性をあげるための寄せ餌のこと) かごを着けているのですが、どうもコマセ (こませ:魚を寄せたり、活性をあげるための寄せ餌のこと) が効く日らしく。

船長が コマセよろしく 」の指示を、結構頻繁に出してました。

仲乗りさんも、 「昨日なんてサバしか釣れなかったのに! 」なんて言ってます。

餌はサバ短にも食ってはくるが、この日はイワシの方が優勢なので、途中からは全部イワシに変更。

ただ、餌持ちはサバ短の方がいいんですけどね~><




乙浜キントキ五目 仕掛け・タックル図

ちょっと食いが落ち (おち:寒くなる時期に魚が深い場所に移動する事) 着いてきた頃、

着底して、

ウン?竿先違和感。

糸フケを取ろうと、リールを巻くと、

大きくグングンと竿先が!

なんか乗ってます!しかも重くて強烈!!

デカい!!

こ、こんなキントキはいないだろう~っと踏ん張ってたら

フッ

軽くなりました!異常に><

上げてみると、一番下の針の上の幹が切れて、おもりまでロスト。

暴れっぷりからすると、デカい根魚 (ねざかな:海底のごつごつとした岩場などに住む魚) っぽかったので、でかいマハタかなんかが着底即乗りして、根に入ったんでしょう!

ドラグは出てなかったので、着底時の糸ふけ (いとふけ:糸のたるみのこと) 分簡単に根に入られた感じです。

う~ん、上げたかったな~ 何にもできなかった。

途中から活性は下がりました

途中から、指示棚が底付近ではなく、かなり上まで広がってきました。

ただ、さっきの大物の残像があって、すでにキントキは3尾釣れていたので、

たまに仕掛けを底に落としては、マハタこぃ!と色気アリアリ誘ってみます。

こなかったら、棚を上げてキントキも釣るという 「遊び人風の釣り 」を続け、

後半は船長もいい反応が見つけにくくなったのか、ポイント探しの時間が長くなって、

それでもたまにキントキがきて、

最後はウマヅラしかかからなくなって、11時納竿 (のうかん:釣りを終了すること)

最終釣果 (ちょうか:釣れた魚の数) は、キントキ5、ウマヅラ4(3リリース)

浅場で、アジ5(3リリース (りりーす:釣った魚を放流すること) )、クロムツ15(12リリース (りりーす:釣った魚を放流すること) )、カマス

キントキのサイズは、39,37,36、32,29cmと、大台には届きませんでしたが、エンガワも取れそうないいサイズが入りました。

満足の釣果 (ちょうか:釣れた魚の数) です。

船中キントキ2~15で、コマセ (こませ:魚を寄せたり、活性をあげるための寄せ餌のこと) に寄る日みたいだったですが、5尾あれば十分なので、もっと渋い時が悩ましいですね。

一番デカいのを上に乗っけたらやけにデカくみえる

その他の魚

今回、針は極めムツから丸セイゴに変えましたが、前回の2尾バラシから、今回はキントキっぽいのをバラしませんでした。

あおる程度の軽い合わせを入れたのですが、口にしっかりぶっ刺さってたので、

ネムリ系より貫通できる針の方が、どうせ追い食い (おいぐい:別の魚が残りの針にかかること) を狙っても失敗する俺にとっては向いてる感じでした。

ただ、数を多く釣るなら、ネムリ系とコマセ (こませ:魚を寄せたり、活性をあげるための寄せ餌のこと) は検討した方がいいかもです。

帰宅後、去年はうろこ取りはそんなに大変じゃないじゃん!と思ったのですが、

今年は結構きついかった。

うろこ取り3種

小出刃、ウロコ取り、おすすめのキャップ。

いろいろやってみましたが、

無敵なのは右のウロコ取りで、左右上下、角とどこでもうろこが取れるので、細かい所や利き手では単純に取りにくい部分も力が入ります。

ただ、3尾目ぐらいからですね、疲れを感じるのは。

15尾なんか釣れたら発狂しますね。

兄宅にキントキを届けて、

しっかり血抜きしたので、いい感じのキントキの肝と胃袋とカマスクロムツの塩焼き、ウマヅラの刺身で晩御飯。

キントキの胃袋他

胃袋を食べてみると、 「うわっ、硬っ 」

おいしいですが、歯ごたえありすぎ。

プリプリではなくコリコリ。う~ん、ちょっと残念。

そして、きれいな肝は、

口に入れた瞬間、 「うまっ! 」

でも、 「うん? 」後から奥底に俺にはダメな感じの血の匂いが残ってます。

しかも、なんか食べた事がある味の記憶が・・・

去年、もしかして食べてみた?

こりゃ単純な煮付けだと魚臭いのが苦手な俺にはいまいちだな~

美味しいのは確かなので、内臓系は素材だけの力ではなく腕が必要ですな。

一番おいしかったのは、写真を撮り忘れたウマヅラの刺身。サイズも小さめだったし、寒い時期じゃなかったので匂いを警戒して大きいの一尾しか持って帰らなかったが、この味ならもっと欲しかった。

ちゃんと血抜きして、肝和えとかすれば、最高だったかも><

釣ったミズカマスは初めて食ったが、やはり干物のための魚って感じで、味が締まればこのサイズでも最高でしょうね。かなりうまかったです。

後、ボチボチながら脂の乗りが悪いクロムツも初めて食べました。ま~このサイズですからね。

宿の女将さんは、小さい奴は唐揚げが美味しいよ!と言っていたのが納得できました。

キントキさん、クロムツさん、ウマヅラさん、カマスさん、ごちそうさまでした。

※画像の左上に マークが表示されている場合は、画像上にマウスをもっていくかタップすると、画像への注釈が表示されます。

お名前(必須)
タイトル
URL
コメント(必須)
認証(必須)
<=

コメントする
Re:
>スパ郎さん
俺の普段の行いが聖人のように清らかであることをどうして知ってるのですか?^^
そしてスパ郎さん、何か悪いことしたんですか?さっきブログをみたら、ワラサが縮んでません?
うぞっ
2017/09/25 18:52:36
>>返信

デカキントキが美味しそうですね。
人数少なく、配当多く、仕入れバッチリ、食べてよし。
あぁ、、、普段の行いが良い人はちがうな。。。
スパ郎
2017/09/25 18:27:22
>>返信
Re:
>しおどめさん
キントキは大きいのが船でも結構でてましたね。
いい日に当たりました。
サビキは半日やったら倒れますよ!入れ食いすごかったので。
うぞっ
2017/09/24 17:30:53
>>返信

ナイスサイズのキントキですね~!(^^)!
サビキ釣りも楽しそうです。1日サビキ船とか
半日船がでると乗ってしまいそうです。
お疲れ様でした。
しおどめ
2017/09/24 16:42:30
>>返信
Re:
>すずきんさん
サイズがいいのが複数入ったので、のんびり楽しめました。前日の事を考えると、いい日に当たりましたよ。
このうろこ取り、以前まるかつさんが紹介した奴だった気がしますが、俺には使いやすいです。
うぞっ
2017/09/24 12:11:17
>>返信

おぉ、エンガワいっぱいだぁ。サイズも良いから、5匹もあったら十分でしょうね
良い日に当たって良かったですね。
このウロコ取りは良いですか?
使ってみようかな?
すずきん
2017/09/24 09:50:11
>>返信
Re:
>まるかつさん
去年は2か所やった手前のポイントだけでしたね。すぐに良型が何尾かあがりましたからだと思いますが、潮かどうかは船長は言わなかったですね。
切られたのは私もマハタだろうと思いますが、糸ふけがあるときに横に根に入られた感じです。糸が出る程でもなかったので、上げたかったですね。
うぞっ
2017/09/24 07:59:33
>>返信
Re:
>なべさん
いいサイズが船中でも出てましたね。
前日が丸坊主なんだからラッキーでした。
切られたのはデカいのは確かですけど、サメかもしれないので、上がってみないとね。
うぞっ
2017/09/24 07:55:33
>>返信
Re:
>今やんさん
食べるのでいうとアカムツが先だと思いますよ!でも引きっぷりはキントキはすごいですね。味は時期的に今がいいみたいですからぜひチャレンジしてみてください。
あの根魚、いまも口に針がかかってるだろうな~
うぞっ
2017/09/24 07:54:24
>>返信
Re:
>たー坊さん
キントキは引きますよね~40近くなるとオイオイって感じです。
根魚はあっという間に切れたので、あっけなかったですが重みの残像だけが残りました。
うぞっ
2017/09/24 07:51:53
>>返信

本命場所(白浜沖)には行かなかったんだね、まだ潮が早いんだろうか?
近場浅場でもサイズの良いのが出たのは儲けものでしたね。潜られてプッツンは良型マハタでしょうね。心の隙を突かれて対処できなかったんでしょう...。
イワシ餌を使っているので何が来るかわからないからね。
まるかつ
2017/09/24 07:15:32
>>返信

うぞっさん
良いサイズを揃えましたね(^^)
しかし、未確認生物が気になりますね〜w
うぞっさんが『デカい』って書くくらいだから、結構な大物だったんだろうなぁ。
次の出逢いに期待ですね(^^)
なべ
2017/09/24 02:03:50
>>返信

こんばんみー
朝一で大本命が釣れるとそのあとの釣りの幅が一気に広がりますね~
この魚いっぺん食べてみたい。
食べてみたい魚多くなってくる季節。。しかし、とれなかったお魚さんほど気になるものはないですね~
今やん
2017/09/23 20:02:00
>>返信

こんにちは。
昔、乙浜にオニカサゴを釣りに行った時、外道でキントキがダブルでかかってすっごい引いたのを覚えてます。うろことるのに苦労した記憶も。。。それでも、刺身が旨かった記憶も。あがらなかった根魚が気になりますね。
たー坊
2017/09/23 17:49:32
>>返信

ブログ更新情報

テーマ別

魚種・釣り物別

一番上へ戻る