2017/11/20 11:37
テーマ:料理
魚・釣り物:マダイマダイのイラストワラサワラサのイラスト
コメント(4)
初めての魚はテンションがあがります。

だいたい、新しい魚が釣れたら、に食べ方を聞け!ってのが常ですが、

食べたことがないとのことで、ちとびっくり。

船長も、

「美味いよ~ 」 「刺身で食ってね 」 「ここでしか釣れないよ 」 「少し寝かせてね 」

と、立て続けにボティブローを打ち込んできます。

釣行二日後、ブリシャブを食うつもりでも参加。

すでにワラサの腹を開いた段階で、こりゃブリシャブはダメだと思ってましたが、

それでも魚はたくさんあるので、宴会はできます。

まずは、皮ぎしが美味そうとも興味深々のフエフキダイの刺し身。

フエフキダイの刺し身

三枚におろす段階で、おおお、身が白くネットリ。

熟成させたイシダイの身よりもいい感じがします。

半身を、皮霜(熱湯で皮を湯引く)と皮を引いた刺身で食べてみます。

まずは、皮を引いた刺身。

うま~ぃ。脂が乗って最高。

ただ、良く言うと癖がない。言い換えればインパクトというか特徴がない。

脂が乗ってるのに淡泊というか、味わったことのない例えようのない味。

でも美味しいのでバクバク食ってしまう。

ワサビ、かんずり、柚子胡椒と試してみましたが、かんずりで少しインパクトを与えた感じが一番合いました。

あっという間になくなります。

皮霜を食べると、おっ、少し皮目の味わいが足されますね。こっちの方がいい。




ただ、熱湯をかけても縮まった皮はすぐ元に戻るほど、薄目でしっとり系なので、やはり皮目があっても感想は同じ。

似たような魚というか例える味が出てこない、でも美味しい魚ですね。ニコニコ。

続いては、マダイの昆布締め。

マダイの昆布締め

昆布の旨みを素直に受け入れるマダイの外れるはずがない美味しさ。

さらに、小さい方のマダイ2尾をゴマ漬けに。

マダイのゴマ漬け

マダイでなくても十分美味しいので、なんとも贅沢なゴマ漬けですが、好きなので作ってしまいました。

そりゃま~美味しいです。はゴマ漬け初体験らしく、これまた瞬殺。

ワラサのカマの塩焼を間に挟みましたが、カマなのに、なんともサッパリ。

こんなに脂ののっていないカマって初めて?ぐらいの感じでしたが、身は美味しいので、ほじくりました。写真はなし。

あんなに取り込みまでは苦労したのにね><

で、マダイとフエフキの炙りと握り。

フエフキダイとマダイの握り

マダイはそりゃ外さないし、最高。

フエフキダイの炙りは皮の香りが足されて食欲がそそられ、脂も寿司飯に合います。

ただ、刺し身でも皮霜より焼霜の方が少しいいかな?ぐらいの印象で、身の脂の方が主張が強めですね。

結構な量の寿司は、これまたアッという間にお腹の中に・・

フエフキダイ、また年一で食べたい魚が増えてしまった><

ワラサは、唐揚げと照り焼きで食べる事に。

フエフキダイさん、マダイさん、ワラサさん、ごちそうさまでした。

※画像の左上に マークが表示されている場合は、画像上にマウスをもっていくかタップすると、画像への注釈が表示されます。

お名前(必須)
タイトル
URL
コメント(必須)
認証(必須)
<=

コメントする
Re:ご馳走様でした!
>マイキーさん
ゴマ漬けをもっと食べたかったのね^^
自分で釣って作ってください。
また飲みましょう!
うぞっ
2017/11/21 10:06:09
>>返信
ご馳走様でした!
訪問したときに、ぶりしゃぶの気配がなさすぎて驚きました笑ブログを読んで、フエフキダイを食べさせてくれると信じてましたが、いつも出し惜しみなく貴重なお魚を食べさせていただき、ありがとうございます♪いつか真鯛のゴマ漬けを思う存分食べたいです(^^)ありがとうございました‼︎
マイキー
2017/11/20 22:07:56
>>返信
Re:
>まるかつさん
磯臭いとか書かれているページがありましたが、磯や季節によるものだと思いますし、臭みはゼロで脂ものってて美味かったです。
魚によって最適の味付けを見つけるのは楽しいです。
うぞっ
2017/11/20 12:32:57
>>返信

やはり!!
想像した通りの食レポでした。
かんずりはすっかりお気に入りになったんだね。
まるかつ
2017/11/20 12:19:45
>>返信

ブログ更新情報

テーマ別

魚種・釣り物別

一番上へ戻る