2018/04/23 15:32
テーマ:料理
魚・釣り物:メヌケメヌケのイラスト
コメント(4)
メヌケ釣行前にメヌケの料理については全く調べなかった。

旨い事と坊主上等が甚だしい釣り物 (つりもの:釣り船で掲げる目標とする魚種や釣法で、もっとも本命とする魚の名前の場合が多い。例としてマダイとか根魚五目等) って事は知ってたので、釣れる前に考える事は体に良くない。

無事ゲットして、帰りの航程中、

に、メヌケ料理のおすすめは?

って聞くと、刺身だと4,5日は寝かせて、どっちかというと火を通した方がいいとの事。

味噌漬け、すき焼き、冷しゃぶの名が出たが、

個人的には寿司飯との相性を刺身で確認するとして、

それ以外は、そのまま出た料理を試してみよう。

釣行当日の胃袋は意外に小さかったのと、見た目は余り綺麗じゃなかったので

湯がいてから表面を綺麗にするまでが結構手間でした。

でも味というか食感はいいですね。オニカサゴまではいかなくとも美味しかったです。

疲れた体に冷えたビールと、胃袋のポン酢和えは根魚 (ねざかな:海底のごつごつとした岩場などに住む魚) 釣行の喜びそのものですね~

翌日は、すき焼き。というかすき煮。

メヌケのすき煮

肉の代わりに身を入れて煮て、卵と食う。

正直割したの味だけになっちゃうのでは?とも思いながらやってみると、ちょっとやそっと煮ても身が負けない。

というか他の野菜がシナシナでも全然メヌケの身は元気^^

メヌケ、強っ

いつが食べ頃なの?と不安になるほど。

メヌケの身が絶妙になったのは、かなり後半でした。途中まで野菜と豆腐ばっかり食って

かなりなくなったぐらいで、そこからがメヌケの出番。

こりゃ濃いめの味付けの煮付けに合う魚なんだな~と実感しました。

そして身を食べてみて、絶対味噌漬けが美味いぞ!!

しかもしっかり漬けないと、全然味が入っていかないのでは?って印象が強かったです。


強いぞ、メヌケ


おまけ作品 「トモでみたら楽しい 」

深場片舷順次投入


※画像の左上に マークが表示されている場合は、画像上にマウスをもっていくかタップすると、画像への注釈が表示されます。

お名前(必須)
タイトル
URL
コメント(必須)
認証(必須)
<=

コメントする
Re:
>満留和さん
初めての人がイメージしやすくて、不安がある人が少し和らぐ程度で、実際はメリットがないんじゃないですかね。
ただ、紙の媒体ではこういう表現はできないですし、俯瞰できないと何かと応用できないですから考えてみました。
うぞっ
2018/04/24 08:53:51
>>返信

深場投入アニメいいですね。これからやる人にはすごく参考
になると思います。
満留和
2018/04/24 06:03:58
>>返信
Re:
>まるかつさん
味噌漬けで4,5日って相当ですね。
さきほど追加のお勧め料理をホットラインで教わって、ちょっとレシピをみたらテンションがあがりました。
味噌漬けも刺身系も4、5日後が楽しみです
うぞっ
2018/04/23 18:42:21
>>返信

初めての獲物だから色々試してみてください。新鮮な感動の毎日だと思います。(笑)
もちろん刺身や寿司も旨いよ!!あえて比較したら、火を通した方が旨さ際立つという意味だから。
間違っても刺身をいつもの様に厚く切らない事。強さが良く解ったなら、薄く切って(繊維の方向も意識して)美味しく味わってください。
味噌漬けもどぶ漬けで4~5日漬けて良いかも?(脂あるからね)
まるかつ
2018/04/23 17:22:17
>>返信

ブログ更新情報

テーマ別

魚種・釣り物別