2018/04/30 11:20
テーマ:その他
魚・釣り物:アナゴアナゴのイラスト
釣るのが下手ってのと、食べたいってのは別腹。

その筆頭2つが、アナゴと餌釣カマスです。

下手なんだから、釣れっぷりや釣況を良く調べるわけで

見るべきは、アナゴは春の湧き、餌釣カマスはピーク3日ってのが今の所の法則。

去年も書きましたが、アナゴは湾外から入ってくるわけではないので、春湧いた数が勝負。

そこから獲られるほどに減っていく。

釣果 (ちょうか:釣れた魚の数) も明確にその法則に従います。

馬鹿みたいに湧いたら、船もたくさん出て急激に減る事はあっても、数が増えることはない。

行った日だけ爆釣 (ばくちょう:沢山釣れる事) ってのを夢見るのが釣りバカですが、そんなことにはならいってのも釣りバカは知っている。

釣れっぷりは、シンプルに予想できます。せいぜい狙うポイントが変わって少し変動するぐらい。

去年は、例年値の半分って事でスルーしました。下手な俺には手に負えない。

釣れなくても行くってのが上手くなる特徴かもですが、当たらないってのが一番つまんない。

授業料だけを払うのは嫌ですし。。

現地レポートをくださった人もいて、手練れ以外は厳しい年の様子でした。

今年の穴子は?
2018年のアナゴ
2018年春の穴子

おっと例年並みですね。

去年のグラフからすると、俺でもなんとか楽しめるかもな!って感じですね。

2017年のアナゴ
2017年春の穴子

サイズをみたらまだ小さいのが多いみたいですし、もうちょっと見てからでしょうが、少し成長したら出撃かな。

アナゴの白焼き、食べてないしな~

※画像の左上に マークが表示されている場合は、画像上にマウスをもっていくかタップすると、画像への注釈が表示されます。

お名前(必須)
タイトル
URL
コメント(必須)
認証(必須)
<=

コメントする

ブログ更新情報

テーマ別

魚種・釣り物別