2018/05/25 12:11
テーマ:起業関連
釣り関係ないです。

ネット戦争で対策している不正サイトですが、あまりに世界的な広がりがあり、規模も膨大。

悪の巨大組織があるのか?なんて思ってましたが、

その割に、反撃や対応に大きな工夫が見られない。不正サイト自体の技術力は高いのにどうして?

こりゃ、不正の仕組みを考えている人と、オペレーションは別と読んでましたが、そこは当たってました。

ただ、悪の巨大組織ではなく、 「不正サイトの簡単作成ツール 」が、世界中に安価に出回ってるってことらしい。

どうせツールなんかコピーしまくるでしょうから、値段はあってないようなもんですし。

ネットだけあって、出回り始めたら世界中に広がるし、安価なもんだから規模もデカいってこと。

優秀な技術力を持っているのは、ごくわずかなこれらのツールの作成者のみです。

いくつかの不正パターンがあるので、たぶんそのパターンの数だけしかいない。

対策が進むと、悪の親分の逆切れの逆襲を食らうか?

なんて警戒してましたが、たぶんそれはないですね。

どっちかというと、悪のツールのアップデートがまずい。

一度に未対策の不正サイトがトッと増えたら、それはたぶんアップデートですね。


一応、前の記事で書いた不正サイトの生存期間ですが、今の所順調に減少中。

不正サイトの生存期間

どこかで安定したら、新規の生成だけが見つかっているって事だと思いますが、とりあえずこのまま続ければいいでしょう。

自分だけでなく、他のサイトや公的機関にもアクションをかけているので、効果も加速してほしい所です。

ただ、成績は少しずつしか戻らないんですよね。これは仕方ない部分もあるけど。

以上。


※画像の左上に マークが表示されている場合は、画像上にマウスをもっていくかタップすると、画像への注釈が表示されます。

お名前(必須)
タイトル
URL
コメント(必須)
認証(必須)
<=

コメントする

ブログ更新情報

テーマ別

魚種・釣り物別