2018/07/06 09:21
テーマ:起業関連
釣り関係ないです。

朝、仕事を開始すると、不審なアクセスのリストがズラ~ッ

サイトを乗っ取ろうと昨日夜から今日朝まで、ハッキングの穴を調べられた履歴がでてきました。

今日は酷いな。普通は一日で3つぐらいなもん。

これらは全部同じ端末からと推測され、右の国名は経由地。

足がつかない様に直接は試行せず、必ず迂回ルートを通ります。

[20:45:06]セルビア
[21:24:20]南アフリカ
[21:39:27]ギリシャ
[21:53:04]ブルガリア
[22:16:40]イタリア
[23:49:47]アルゼンチン
[00:01:22]フランス
[00:02:25]米国
[00:33:06]ブラジル
[00:50:13]スペイン
[01:09:25]インド
[01:11:35]ベルギー
[01:20:34]フィリピン
[01:20:53]ブラジル
[01:31:08]フランス
[01:53:55]フィリピン
[02:05:34]バングラデシュ
[02:46:48]エチオピア
[02:48:29]ブルガリア
[03:15:18]ブラジル
[04:04:01]ブラジル
[04:09:15]ブラジル
[04:21:10]スペイン
[05:13:19]インド
[05:33:11]イタリア
[06:51:36]イタリア



[07:00:46]セルビア
[07:10:11]スウェーデン
[07:18:24]カナダ
[07:24:22]トルコ

旅行だったら最高だな~。

行ったことない国だらけ。

ただ、今回は試行の方法が全部同じで、順次アクセスしているので、この迂回はあまり意味がないです。

ルートを変えてもハッキングの成否は変わらず、到達できるかどうかの問題。

ルートが遮断されている場合にのみ、別のルートを使うのが正しき悪行。

全ルートを同時に使って処理が重たいページとか弱い部分を攻めれば、DDoS攻撃にもなるので、武器を自ら捨てている悪行の上に愚行とも言えます。

サイトに穴があるかどうかを調べる対象リストに入っていて、プログラムで一つずつ調べているんだろうけど、

使い方や設定を理解してない人がやってるから、迂回ルートをバラしてるだけになっている。パソコンでやってると苦労が伴わないから、リソースに対しても鈍感ですね。

まぁ、このレベルの人がやってるから、俺でも手におえているんだと思います。



ハッキングが成功すると、不正サイトや迂回ルートに使われたりして増殖します。

こういうのを防止する方法や、危険性を警告したページは結構あるんですが、

ハッキングされるのは、そういうのに疎い人だから、結局見ない。

被害が出てから初めて知るわけで、やはり 「ネットに性善説はない 」ですね。

ちゃんと、日本政府もサイバー軍を強力に整備しといた方がいい。

皆さんも、気を付けてください。

以上

※画像の左上に マークが表示されている場合は、画像上にマウスをもっていくかタップすると、画像への注釈が表示されます。

お名前(必須)
タイトル
URL
コメント(必須)
認証(必須)
<=

コメントする

ブログ更新情報

テーマ別

魚種・釣り物別