2018/07/15 10:55
テーマ:釣行記
魚・釣り物:ショウサイフグショウサイフグのイラスト 仕立
コメント(18)
アナゴ以来の久しぶりの海。

去年も参加させていただいた、主催の仕立 (したて:チャーター船のこと) です。

朝、を拾って、常磐道を大洗へ。

途中の高速、なぜか周囲の車の速度が皆ゆっくり。

覆面でもいるのか?とビビりながらも順調に、集合時間よりもずいぶん早く港についてしまいました。

道中、の情報では、最近大洗のフグは厳しいみたい。

あんなサイトをやっていても、仕立 (したて:チャーター船のこと) の場合、俺は釣況、海況さえほとんど見ないので、てっきり結構釣れていると思ってました。

暑い日になりそうだな~

それでも、今日突然の爆釣 (ばくちょう:沢山釣れる事) かも?なんて思いが湧いてきます。

集合朝4:30時間ピッタリに全員集まり、恒例の釣り座 (つりざ:船上で釣り人が座る位置) クジ

参加メンバーは、

(幹事)、、ダボハゼさん(初挑戦)、あられさん、、ポン太さん、さん、うぞっの12名

右トモ2番に陣取りました。

釣り座配置

船首に仲乗り (なかのり:船に同乗して釣り人のお世話をする人。余裕があると一緒に釣りをする事が多い) が立ち、13本の竿で季節限定の貴重なフグの白子を狙います。

お世話になったのは、大洗 きよ丸さん。

大洗きよ丸

受付時に逃亡防止ネットをもらって乗船し、ほどなく河岸払い (かしばらい:船を離岸し、海に出る事)

一路、南へ進みます。

霧で陸がほとんど見えない中、結構長い時間南下。

海は鏡面。風はなし。最初のポイントで竿を降ろしますが、全く反応なし。

ちょっとたって、が大物をかけましたが、サメ。

続いても、サメ。

前半、左舷 (さげん:船の船首に向かって左側) が型を見たとの話が聞こえてきましたが、

右舷 (うげん:船の船首に向かって右側) はサメ2尾のみ。

この船中2尾のまま中盤ですね。。

無線から漏れ伝わってくる他の船の船長からも 「どこもダメダッペ~ 」のグチばかり。

修行どころか、暑さだけは順調に加わって、苦行状態。

どこまで南下する?

どんどん南下していって鹿島まで行っちゃう?感じでしたが、諦めて北上して戻り始めました。

風も無風で、凪っぷりは半端ない。

釣果も海の波たたず

糸の出る向きも結構変わるので、釣果 (ちょうか:釣れた魚の数) 的には釣り座の偏りは少なくて良さそうですが、みんなゼロになっちゃう><

あまりに釣れないので、釣れた地球を愛でてみたり。。。

自然を愛でる

かなり大洗手前まで北上してきた頃、やっと船中フグがあがりはじめます。

しかもお隣の右トモ良型 (りょうがた:大きなサイズのこと。 「りょうがた 」もしくは 「りょうけい 」と読む) を連発し始めました。

俺はスナップサルカンのスナップの留め具が破断していて、怪しい色のカットウ (かっとう:フグ釣りに使う体に引っ掛けるための針、及び釣法) を一式を失い、が釣れ始めたので、同じ系統の色のカットウ (かっとう:フグ釣りに使う体に引っ掛けるための針、及び釣法) に変更。

釣り方も誘いより、底での待ち長めに修正。

大洗フグ 仕掛け・タックル図

うわっ当たった。

こ、これだフグアタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう) って。

次のを待って~オリャ!!

グン!

乗りました。

ウンショ、ウンショと巻き上げて、上がってきたのは待望のショウサイフグ

ふ~とりあえず一尾目

なんとか一尾

やっと上げた一尾ですが、樽はこのままの時間が続きます。

ポンポン、ポツポツと、トモ周りで一人気を吐くの釣り方や仕掛けをまねても、どうもアタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう) がでない。

釣り座の差もあるのはあるが、それ以上にこのアタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう) の差は餌だな~の結論。

も同じアオヤギだけど、持参した?ビニールに大量の青柳を持ってきていて、仕掛けを見る限り、餌の肝の膨らみが明らかにいい。

今回は、宿配給のアオヤギがいまいちで、肝が小さく痩せている。これだとなかなか打つ手がない。

餌のレベルを上げるにはと考えた末、

まだ餌は切れていない中、船長から追加用の餌を買って、解凍直後のアオタギで肝をベロで守るんじゃんなくて、少し外側に配置して~

と、いきなり派手なアタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう) がでて、おっ重い!!

喜び勇んであげてみると、ぷっくり膨らんだおチビちゃんでした。

ガックシながら、チビ追加

たぶんこれで、少しはアタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう) がでるんじゃないかと思ってましたが、好調自身もペースが落ちてきていて、タイミングを逃したらしく続きません。

左舷も修行

うーーん。

暑さも半端ないし、お手本も釣れないなら、皆が同じことやってもな~

他の船長からの無線が聞こえてきて、

「今日はダッメダメだな~これじゃいくら続けたってダメだっぺ~ 」

「でも、お客さんの手前もあるしな~ 」




船長、丸聞こえですって!!^^

ここでアオヤギを諦め、アカメの時に余った熟成されたアルゼンチンアカエビの一尾掛けに変更。

エビ餌に変更

しかも、人と違う事した方がいいだろうと、置き竿 (おきざお:竿を手に持たないで竿掛けなどに置いた状態でアタリを待つこと) で吊るしてみました。

ビクッ

うわっ当たった!!

すぐに竿置きから持ち替え、

「エビで~フグを~ 釣る!!! 」って叫びながら次にでたアタリに合わせると、グン!!

無事、3尾目を追釣~

やっと樽に少しフグが

しかし、この置き竿釣法ではアタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう) は続かず、もはや終盤。

ただ、アオヤギよりはフグにとっても味変するかもと、アカエビ継続。

一尾はアタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう) が出たが、置き竿のままではアタリが続かないみたいなので、アカエビのまま底の待ちに変更。

いきなり、ククッ!

うわっすぐ当たった!

オリャ、グン。

だれも釣れない時期に一尾追加!!

即、再投入して、同じ待ち方をすると、クッ

え?またすぐ!!

で、オリャ!!釣れました。

で、次も即アタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう)

ポンポンと追釣

周囲にエビ来てるよ!と伝え!

お隣さんのポン太さんが苦戦しているので、「エビある?」と聞くと持っているらしく

ポン太さんはその時二つ針がついたカットウ (かっとう:フグ釣りに使う体に引っ掛けるための針、及び釣法) を使われてて、両方にエビをつけて投入したらスッテンテンになってました。

「あははは、来てるでしょ!!!チャンスですよ!! 」

「この辺のフグはもうアオヤギに飽き飽きなんだね 」

次の投入もアタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう) が出たのですが、違和感で回収したら、餌が脱落したらしく、餌がカットウにぶっ刺さってました。

残りすくないエビをつけて投入すると、

うん?魚の気配。

プーッ「お疲れさまでした~今日はこれで上がっていきます 」

と、無情の時間切れ

いそうなのに~っと、皆が回収を始めたにもかかわらず、マックス集中ゼロテンション (ぜろてんしょん:オモリを海底に着けて、竿先が曲がるか曲がらないかぐらいの状態でアタリを待つこと) 状態を維持してると・・・

竿先が小さく、クッ!

オリャ!!!

スカッ!!!

ガーーーーーッ、無抵抗。

膝から崩れ落ち (おち:寒くなる時期に魚が深い場所に移動する事) ました。

なぜか、お隣でも崩れ落ち (おち:寒くなる時期に魚が深い場所に移動する事) てました。

回収合図がでているのに俺がピクリともせず、魚の気配を感じているのを察したらしく、同じくマックス集中で俺の竿先をみていたみたいです。

「あははは、理想的なタイミングだったのにね~っ 」

「最後、楽しませてもらったわ! 」

うぞっ 「いい感じで、完璧に合わせたつまりだったんですけどね~^^ 」

とは言え、最後の流し (ながし:一つのポイントで釣りを開始して竿を上げるたまでの一単位。通常潮の流れにまかせる流し釣りの場合に使用する。流し終わると別のポイントへ移ったり、同じポイントの場合は潮上まで戻って流しなおす) 、今日の活性からすると爆釣とも言える時間を楽しめて、上機嫌で終了。

最終釣果 (ちょうか:釣れた魚の数) は、フグ6尾、船中0~9尾

本日釣果

白子はサイズもデカく、2腹あれば十分です。

エビがなかったら、たぶん釣果 (ちょうか:釣れた魚の数) 2のままでしたね。怖いわ~っ

あのアタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう) の出方を見る限り、やっぱり魚はボチボチいるんだけど、食ってこないみたいです。

帰港して、冷たいお茶を飲みながらフグ身欠き (みがき:魚を食用の部位に取り分ける処理) 待ち。

身欠き待ちタイム

今日は、あっと言う間に、次々と番号札が呼ばれます。

身欠き中

しかも、最初に呼ばれるミヨシ (みよし:船の中の位置で船首側を言う) 付近の人たちは、軒並み低白子率でトモ偏重。

あちゃ~数も白子も出なかった日みたい。

釣果配置
のブログより転載


その中、なんとかラッキーにも白子2腹ゲット。

酷暑、低釣果 (ちょうか:釣れた魚の数) の中、エビで最後はなんとかなったことで、厳しさが薄らぎ、楽しさだけを記憶。。

宿からは、お土産のしらすをいただきました。

宿土産

帰宅後は、さすがに久しぶりの釣行には厳しい天候だったみたいで、

道具の片づけ後、シャワーを浴びて、白子の玉子焼きをつまみに、ビールを飲んだ所でバタン。

玉子イン玉子

ショウサイフグさん、ごちそうさまでした。

、幹事ありがとうございました。

記念撮影
のブログより転載

※画像の左上に マークが表示されている場合は、画像上にマウスをもっていくかタップすると、画像への注釈が表示されます。

お名前(必須)
タイトル
URL
コメント(必須)
認証(必須)
<=

コメントする
Re:
>しおどめさん
しおどめさんは、エビ餌爆の時トモにいらっしゃいましたもんね!あれで、締めれたので機嫌はよかったんですが、魚は少ないままでした。餌はなんとかしてほしかったですね。釣れてこその綺麗な身欠きだと思います。
うぞっ
2018/07/17 21:36:41
>>返信

うぞっさん 土曜日はお世話様でした。
最後の追い込みすごかったですね~
エビの威力をまざまざと見せて頂きました。
それにしても渋い!!以前、久慈の船宿
さんで、”きょうは釣れない。。だから
帰って頂いてもいい”とすごむ船長いましたが(笑い)
船上でボヤク船長みると、それくらいの心意気もって
欲しいですよね。。。商売上無理かなぁ~
またよろしくお願い致します。<(_ _)>
しおどめ
2018/07/17 21:28:54
>>返信
Re:
>スパ郎さん
今回は滑り込みで悪あがきが実ったんですけど、だいたい魚のご機嫌が悪いと、人間の努力は空振りですけどね。
海にでれるだけで幸せだったんですが、フグは特に身欠き済なので、数ほしかったですね。
うぞっ
2018/07/17 10:25:11
>>返信

厳しい状況のなか、あの手この手でなんとか釣ろうとするのは流石ですね。
しかし、戦いに明け暮れていて久し振りの海、もうちょっと釣れるとよかったのにね。。。(´Д` )
スパ郎
2018/07/17 08:32:44
>>返信
Re:
>なべさん
いろんな人がエビを持ち込んで、結果アオヤギになってると思うので、ほとんどの場合、効果が薄いんだと思いますよ。今回はラッキーでした。
うぞっ
2018/07/16 20:30:05
>>返信

シブい中、ラストスパートが決まって良かったですね(^^)
白子もデッカイし!
前回、私もアルゼンチン赤エビを持ち込みましたが、なぜか不発でしたwww
いつかは定量とか経験してみたいっす( ̄▽ ̄)
2018/07/16 19:15:22
>>返信
Re:
>すずきんさん
餌悪かったですよね。なんでプックリしてないのかな~と思ったら塩漬けだったんですね。
たまたま、エビ餌を持ってきてたから最後救われましたが、本来はもっとちゃんとした餌にしてほしいですよね。
お疲れさまでした。またよろしくです。
うぞっ
2018/07/16 11:07:06
>>返信

お疲れ様でした。
いやいや、今回は参りました。もともとテク系の釣りが得意な方ではないんですが、とうとう坊主かとヒヤヒヤものでしたよ^^;;
きよ丸のエサ、今年からあんな塩漬けになっちゃったんですよ。ちょっとがっかりです・・
次回は私も海老持ち込もうかな。
またご一緒しましょ^^vv
すずきん
2018/07/16 11:02:54
>>返信
Re:
>あかべーさん
エビ餌、間に合いませんでしたか。
俺も気づいたのは最後の流しですから、もうっちょ早く気づきたかった。
それにしても暑さと渋さはこたえましたね。
お疲れでした。また遊びましょう。
うぞっ
2018/07/16 10:36:52
>>返信
Re:
>今やんさん
リベンジですか?最近、毎年言ってません?
それにしても暑かったですね。
もうちょっとフグにやる気があれば、釣ってる方も頑張れるのに、フグも冷たいですよね。
お疲れでした。またよろしくです。
うぞっ
2018/07/16 10:32:39
>>返信
Re:
>マルッチPPさん
マルッチさんが本日のお手本を示してくれてるのに、どうしてもアタリが出せなくて、苦戦しましたが、それ以上に暑さがきつかったですね。
最後に、フグはやっぱりいるけどやる気がないのね!って事がわかりましたね。
お隣で楽しかったです。またよろしくです。
うぞっ
2018/07/16 10:31:05
>>返信
Re:
>まるかつさん
あの暑さに集中力も続かず、いろいろ試してるうちに最後だけ楽しめて救われました。
あの状況では十分の白子だったし、作った卵焼きはやっぱり旨かったです。
幹事ありがとうございました。またよろしくお願いします。
うぞっ
2018/07/16 10:27:53
>>返信
Re:
>たー坊さん
反対側で全く絡めませんでした、たー坊さんだけ釣ってるって話は漏れ伝わってましたよ!
それにしても暑かったですね。
お疲れさまでした。またよろしくです。
うぞっ
2018/07/16 10:25:55
>>返信

おつかれさまでした~。
ラストのエビエサ、聞いたので付けてみましたが時すでに遅しwww
いろいろやってみなきゃダメですね^^;;
あかべー
2018/07/16 06:29:58
>>返信

昨日はお疲れさまでした!

エビ餌って聞いてスケベ針にさしていたむきエビをカットウ針に3匹付けて落としたら女子が速攻で遊んでくれました!
桶に入れるとちょっと白く濁ったんですよね~(笑)
でもエビ情報無かったら1匹のままだった~
もう1回、大洗に行きますよん♪
今やん
2018/07/15 23:10:27
>>返信

かなりの灼熱地獄&フグくんたちの やる気なし・・・
なかなか ヘビーな状況でしたが
うぞっさんと しゃべりながら の 釣りで
なんとか最後まで がんばれました^^
また 行きましょ!
お疲れ様っした~♪
マルッチPP
2018/07/15 18:17:52
>>返信

ダメダメな日にも関わらずそれなりに遊んでいただけた様で...。
僅かなフグに白子、しらすで去り行くフグの産卵期を忍んでくださいませ。卵焼きが美味しそうに焼けていて、思わず生唾をごっくんしてしまいました!
まるかつ
2018/07/15 16:00:03
>>返信

うぞっさん
お疲れ様でした。渋くて暑くて大変でしたね。最後にエビでそんなに盛り上がっていたとは…
また、遊びましょう!
たー坊
2018/07/15 12:05:40
>>返信

ブログ更新情報

テーマ別

魚種・釣り物別