2019/03/29 14:59
テーマ:その他
魚・釣り物:アカムツアカムツのイラスト
コメント(2)
仕事のピークをとりあえず超えたので、釣りの脳内比率が高まっているのですが、

そういえば、前行ったアカムツでは酔いまくって、結局抱えている謎は解けずじまい。

自分的にわかってない謎が大きく二つで、 「潮乗り 」「釣り座 」

たぶんこの二つはアカムツの同じ生態に起因する。

活性が高い時は、外道 (げどう:狙っていない種類の魚のこと) にやられずに如何に餌針を棚に入れ込むかが大事なのはどの魚も一緒だし、

アカムツでさえ、そういう時は潮先 (しおさき:潮が流れる先の方。船釣りの場合は船が流されて船の中で最初にポイントに接する位置で、寄せ餌を撒く場合でも寄せ餌が流れ着く方向になるため、釣れやすいことが多い) が釣れる。

そこはわかりやすいんだが、渋い時が問題。

活性が低い時、

アカムツは目の前の餌をスルーするのに、食わないわけではなく、釣り座 (つりざ:船上で釣り人が座る位置) の影響がなくなる程度で、ちょっと進むと釣れる。

しかし、ハリスの枝が落ち (おち:寒くなる時期に魚が深い場所に移動する事) ると、まず食わない(餌が回転しても食わない)。

釣れない時の共通性から枝落ち (おち:寒くなる時期に魚が深い場所に移動する事) を気にしていた時期、は、全然異なるアプローチで枝スの潮乗りを気にしていた。

俺が言葉を知らなかっただけで、枝落ち (おち:寒くなる時期に魚が深い場所に移動する事) と潮乗りは、同じことを気にしている。

そして、針を細くして以前は痛い目にあった。

最近では枝ハリス (はりす:仕掛けの中で針が結ばれている糸。魚に警戒されないように最も細い糸を使う場合が多い) に透明パイプを付けている人も見かけるので、他の人も潮乗りに帰着した人も多いのだろう。

潮のりがいい方が釣れる

潮乗りのいい仕掛けの方がアカムツが釣れるのは確かなんだろうが、なぜかはいまいちわからん。

わからんと応用も修正も効かない。

あれだけハリス (はりす:仕掛けの中で針が結ばれている糸。魚に警戒されないように最も細い糸を使う場合が多い) の太さを見ていないアカムツなので、動きの可能性が高いとは思ってるのだが

渋い時ほど大きい動きにはしっかり止まるまで食わないし、餌が回転してるとノーチャンス。

「小さい上下動が食い気を誘い、微妙なのですぐに状況が変化して釣り座がばらつく? 」仮定はこれぐらい。

次、いつアカムツにいけるかはわからんですが、試す案を作っておきたい。

しょっちゅういけるなら自分でいろいろ試すんだが、どなたか、いいヒントくれません?


※画像の左上に マークが表示されている場合は、画像上にマウスをもっていくかタップすると、画像への注釈が表示されます。

お名前(必須)
タイトル
URL
コメント(必須)
認証(必須)
<=

コメントする
Re:
>なべさん
俺の場合は、ノッコミの150mぐらいが感性が届く限界で、200mなるともはやセットアップと妄想しかないので、進捗は遅いですね。
でもやっぱり数釣ればいろいろ見えてくるので、お互いアカムツの気持ちがわかるようになるといいですね。
うぞっ
2019/03/30 09:03:14
>>返信

楽しい悩みですよねw
私も、毎回仕掛け作るのが楽しくて仕方ないです(^^)
ここ最近は仕掛けのパターンが嵌っているようなので自信はつきましたが、確信とまではいかないですw
うぞっさんと同じく潮乗りを意識しています!
2019/03/29 21:55:17
>>返信

ブログ更新情報

テーマ別

魚種・釣り物別