2019/05/29 19:46
テーマ:釣り道具
魚・釣り物:メヌケメヌケのイラスト
コメント(2)
X-4に俺にもできるぞ!とドヤ顔をさせてあげたい作戦。

書き方が悪くていまいち忘れそうなので、メモの続き。

本当に自分のブログを次回見返すので書いときます。

頭の中で考えているのは、

・全針に本命がかかってしまった時
・おもりか針が根掛かり (ねがかり:仕掛けが海底に引っ掛かること) した時

この全く違う2つの状況に対応が必要って課題。

トカゲの尻尾切り

いままであんまり考えていない全針にメヌケかかった状況だと、

4本針に限定しても、一番上の幹には単純に14kg+潮の負荷がかかる。

なんとか俺の幹は耐えたけど、同じ状況に陥ったの仕掛けはやられてました。

一般的な胴付きは根掛かり (ねがかり:仕掛けが海底に引っ掛かること) とか必要以上に大きな魚が針にかかった時の事を考えて、枝さえ切れればOKな構成として、幹と枝の強度に差をつけるだけ。

だた、今回感じたのは、全針に本命がかかって潮が加わると、シビアさが幹の上部にもでてくる。

考えた案は、負荷の高い上部と下部の優先順位を付けること。

X-4でも2尾は余裕をもってあげられそうなので、最悪の状況でも上部は守り、下部から切り捨てていける 「トカゲの尻尾切り 」

ハリス (はりす:仕掛けの中で針が結ばれている糸。魚に警戒されないように最も細い糸を使う場合が多い) だけでなく、幹も30号と24号で差をつける事で、優先順位付けの確実性を高めます。

あと、24号でも幹は耐えたのと、最近のPEは強度も高まってるし、新しく巻いたPEもいい奴を選んだので、ハリス (はりす:仕掛けの中で針が結ばれている糸。魚に警戒されないように最も細い糸を使う場合が多い) は20号でもいけそうな感じだが、も言っていたが、やはり、ハリス (はりす:仕掛けの中で針が結ばれている糸。魚に警戒されないように最も細い糸を使う場合が多い) って切れるべき時は切れてもらわないと困る。

調べたら18号もありそうなので、上部は18号ですかね。

これならバランスがとれたX-4専用仕掛けって感じがしてきました。

これで忘れんだろう~。

いつか、4尾がズラっと提灯になったら、心行くまでドヤ顔だな^^



※画像の左上に マークが表示されている場合は、画像上にマウスをもっていくかタップすると、画像への注釈が表示されます。

お名前(必須)
タイトル
URL
コメント(必須)
認証(必須)
<=

コメントする
Re:
>まるかつさん
ドラグ性能は引き出せてなかったんですけど、ちゃんと締めても巻き上げ開始時のありゃ、途中で止まるか幹の一番上が逝ってますね。一回目の釣行時の多点掛けっぽい時も少しバランスの悪さは感じてたんです。
仁徳の仕掛けもPE8号とか全く考えてないでしょう。
職漁ならあり得ないような思考の選択でも、ギリギリを見極めて戦うって選択は遊漁ならではの楽しみ方でもあると思っているので、感覚が残っている間に妄想しといてます。
うぞっ
2019/05/30 08:58:37
>>返信

ははは、妄想は誰でも好きなだけ自由ですね!
でもチャンスはそうそう巡っては来ません。今回のチャンスを逃したのは大きいかもよ?
あと仕掛けも大事だけど、X-4のドラグ性能を100%引き出せていなかったのではないか?と思います。
過去にX-4でアコウの4点掛けをやった事があります。
ハリスは16号、幹は20号でした。但し潮はそれ程早くない海域で、オモリは200号だたけどね。
私の推測では今回ドラグ設定が緩かったので空回りが大きく負荷が掛かったと思ってます。
X-4の推奨オモリはたしか250号だたと思います。
いずれにしても試行錯誤が大切という事、船宿仕掛けはX-4は考慮してないから。
まるかつ
2019/05/30 07:13:36
>>返信

ブログ更新情報

テーマ別

魚種・釣り物別