2019/12/06 11:16
テーマ:釣行記
魚・釣り物:オニカサゴオニカサゴのイラスト 乗合
コメント(15)
鬼シャブを食べたい。

前回の船小人さん登場時、酔った中でもあわよくば鬼さんもゲットできればと思っていたが、世の中そんなに甘くない。

ただ、食べたいスイッチは一度入るとなかなか戻らない。

数を釣るなら南房で、型を釣るなら勝浦大原周辺。

そんな法則ならばと、数はいらないので、また勝浦あたりだな。

お世話になったのは、以前夏ディープでお世話になった、ネット弁慶船長の、勝浦 初栄丸さん。

勝浦 初栄丸
帰港後撮影

5tクラスでの外海ウネリが俺の船酔いの鬼門らしく、初栄丸は10tクラスの大きさなので大丈夫でしょう。

朝、高速が夜間、工事で通行止め区間があり、細い峠道を2個ほど越えなければならなくて結構疲れたが、5時15分港集合で5時前到着。

駐車場前で、おばあちゃんが駐車場所を教えてくれて、受付。

内に横付けされていた八幡丸を渡っての乗船です。

乗船直後

お客5名で、俺が一番最後。釣り座 (つりざ:船上で釣り人が座る位置) は右胴の間。この人数ならどこでもいいし、前回船小人遭遇の身としては、胴の間はありがたいな。

釣り座配置図

6時前河岸払い (かしばらい:船を離岸し、海に出る事) で、30分弱、まずはサビキでの餌、お土産釣り。

勝浦沖の朝焼け

昔買った6本針の市販サビキ仕掛けを200号オモリでトウッと投入。

船長 「水深160mで底まで落として、ん~途中で止まっちゃうかな? 」

なんて指示でしたが、その通りで、途中で竿先が暴れ始めます。

少し待ってから、巻き上げ開始。

あがってきたのはサバサバサバ・・ ほとんどの針についてます。

続いて投入も、ん?アジ?、サバサバ・・・

すぐに樽が一杯。いくらでも釣れる。

サバが入れ食い

サバはもういいや!底にも落ちないし 」と、三回目は投入をやめてたら、船長から サバの反応が減ってきた 」との放送。

ん、それなら底までいくかな?

底までいったら160mもあれば別の魚も釣れるかもと、投入したらちゃんと底まで落ちましたが、何も釣れませんでした><

ま~そんなもんさと、5,6尾をクーラーに入れ、残りをトモのお客さんがほしいとのことで、進呈。

朝焼けでご機嫌

オニカサゴのポイントへ移動です。

海はウネリが少しあって、風も結構ありますが、やっぱ船の大きさもあってか、全く船酔いの気配なし

寒いですがご機嫌です。ニコニコ

オニカサゴのポイントについて、船長からオモリ200号から150号へのチェンジ指示。

「潮緩いのか~ 」

最初の投入は、水深125m。カウンタは水深+3mとかですね。

通常仕掛けなので、仕掛けは少し立気味だろうってことで高めの棚切りからスタート。

流し (ながし:一つのポイントで釣りを開始して竿を上げるたまでの一単位。通常潮の流れにまかせる流し釣りの場合に使用する。流し終わると別のポイントへ移ったり、同じポイントの場合は潮上まで戻って流しなおしたりする) て数分、竿先クッ

あ、なんか咥えた!ジワーッと糸を出して、餌の先っぽだけ咥えてたら困るので

もうひと暴れして~っ!

グッグッと来たので、オリャ!

のったっす!

電動で巻き始めると、グングン暴れては休みます。

いいね~っ。たのすぃ~っ

船長 「20mになったら教えて~っ 」

巻き上げ終わって、天秤 (てんびん:主に仕掛けを沈める時に絡みを防ぐためのL字をした金具) とって

船長から 「手繰って手繰って~っ 」

って手繰って無事タモ (たも:タモ網のことで、魚をすくう網) 取り!

船長 「ふ~っ危なかった! 」

えっ?なんと、針が外れてました。

あっぶね~っ。船長ありがとう。

いきなりの鬼シャブ確定^^


いきなりオニ

すぐに右トモさんが小さい鬼をあげ、次の流し (ながし:一つのポイントで釣りを開始して竿を上げるたまでの一単位。通常潮の流れにまかせる流し釣りの場合に使用する。流し終わると別のポイントへ移ったり、同じポイントの場合は潮上まで戻って流しなおしたりする) は不発で、その後少し移動して、

船長からは、ここはサメとか少ないから光物系は付けた方がいいよ!あと5,6kgのイシナギとかもいるからね。

とのこと。イシナギは釣ったことないので期待感で目をキラキラさせて、アドバイスにそって水中ランプを挿入。

ただ、船中全員魚の反応がなかったので、浅場を見限って大きく沖へ移動です。

勝浦沖オニポイント

続いては水深190m

ここはサメがいるから光物はない方がいいよとのこと。

通常バージョンの、さらにタコベイトなしで行きます。

でも、最初にかかったのは、とんでもない大物で、ぜんぜん上がってきません。ただ首を振るだけで、悠々と泳いでる感じ。

ほどなくハリス (はりす:仕掛けの中で針が結ばれている糸。魚に警戒されないように最も細い糸を使う場合が多い) 切れ。サメっすよね~

残っていたマシュマロボールの蛍光系をすべてとって、餌と針だけの仕掛けで続けます。

勝浦沖 オニカサゴ 仕掛け・タックル図

潮はトロトロって感じで根掛かり (ねがかり:仕掛けが海底に引っ掛かること) さえなし。少し船で引っ張ってる感じで、基本は棚を高めにとりますが、サメしかかからないので、少しずつ棚を下げていきます。

左舷ではポツポツと釣れているみたいですが、右舷 (うげん:船の船首に向かって右側) は、全く本命が上がりません。

そんな中、もしかして、小さい鬼かな?みたいなのがかかりますが、

あげてみると、ボチボチのユメカサゴ

このサイズなら一尾はうれしい。

良型ユメカサゴ

右舷 (うげん:船の船首に向かって右側) ミヨシの方が、食べごろのアラを上げ、ひと盛り上がり^^

そのあと回収中にちいさなメジマグロもあげてました。

アラいいな~状態ですが、どうもこのままではまずいかなと、ゴソゴソと仕掛け入れを探ると、以前買った遅潮用(回転ビーズ (かいてんびーず:仕掛けを分岐するための接続用ビーズ) +短め)の3本針仕掛けの市販品があったのでそれにチェンジ。棚も底ギリギリまでを攻めてみます。

で、何度か流し (ながし:一つのポイントで釣りを開始して竿を上げるたまでの一単位。通常潮の流れにまかせる流し釣りの場合に使用する。流し終わると別のポイントへ移ったり、同じポイントの場合は潮上まで戻って流しなおしたりする) てると、グングンといきなり乗った感じ。

ん?鬼の乗り方じゃないな~

元気いっぱいですが、ズーッと暴れてる。サバにしては力強いけど、3本すべてサバ

海面まで終始暴れっぱなしで、いまいち魚がわからないまま上がってきたのは、

ヌルヌルフレンドリー君でした。

なるほど、海面まで暴れるわけだ。付き合いいいね~っ。五目釣りじゃないけど、五目達成!食べたばっかだが、一尾なら歓迎です。

その後、右舷 (うげん:船の船首に向かって右側) では盛り上がりなく、11時過ぎ、納竿~っ

最終釣果 (ちょうか:釣れた魚の数) は、オニカサゴ1、メダイ1、ユメカサゴ2(1チビリリース)、サバ(持ち帰り5、他の客に進呈4)、ムロアジ

船中釣果 (ちょうか:釣れた魚の数) オニカサゴ0~4尾

オニカサゴ1.3kg
ユメカサゴ34cm
その他釣果

ふ~っ最初釣っててよかった~

オニは1.3kgでボチボチ。メダイは1.4kと小さいですが、ユメカサゴは34cmあったので、美味しい可能性が高いですね。

釣り自体は尻すぼみ感がすごかったですが、お土産的には十分。

右舷 (うげん:船の船首に向かって右側) は最初の125mラインではいい感じだったのですが、沖の190mラインになってからは本命の顔は見られなかった。それに反して190mになった途端、左舷は1.7kgのオニを筆頭に数も型も出てました。全く見えなかったけど。

混んでるならまだしもこの人数だったら、ここまで右舷 (うげん:船の船首に向かって右側) と左舷が差がでるのは潮向きだけとは考えにくい。左からポイントに当たる潮で、左舷の方2人がお上手で全部持ってっちゃったってことですね^^

ただ、だいたいのやれることはやったので、実力ですな。俺の腕だとこんなもんです。

帰宅後、ユメカサゴのお腹を開けたら、思いの他真っ黒だったのでパチリ

ノドグロならぬハラグロ

ユメカサゴの別名はノドグロカサゴですが、これじゃハラグロですよね。さっさと清めてあげました。

鬼の肝は大きくはなかったですが、なかなかいい感じ。

オニの肝と胃袋

鬼釣り当日恒例の、胃袋と肝の煮付け。

オニの肝煮つけと胃袋

胃がコリコリ~っ ビールうめ~っ

肝が濃厚~ ビールうめ~っ

熟成が完了したら、オニシャブです。

オニカサゴさん、ごちそうさまでした。

※画像の左上に マークが表示されている場合は、画像上にマウスをもっていくかタップすると、画像への注釈が表示されます。

お名前(必須)
タイトル
URL
コメント(必須)
認証(必須)
<=

コメントする
Re:
>imayanさん
鬼シャブするなら1kgは欲しいので型狙いになりますが、是非一度味わってください。
寒くなると絶対食べたくなる、たとえようのない旨さですよ。
うぞっ
2019/12/17 15:17:25
>>返信

遅コメゴメンっす!

楽しい日記ですなぁ~必ず鬼を仕留めてる気がするのは俺だけか?
いつか鬼しゃぶなんて味わいたいもんです(^^)
imayan
2019/12/17 00:58:08
>>返信
Re:
>スパ郎さん
昨日食べました。最高でしたよ^^
狙わないと、小さいが外道で混じる程度ですから鬼シャブのために、たまにはオニカサゴに会いに行っては?
うぞっ
2019/12/10 16:31:44
>>返信

久しくオニカサゴに出会ってないなぁ、、、。
念願の鬼シャブはきっと美味しいんだろうなぁ、、。
いや、美味しいに決まってる。
スパ郎
2019/12/10 12:41:15
>>返信
Re:
>マルッチPPさん
底にいる赤い魚は栄養貯えてますからね~
肝は毎回楽しみですが、一緒に煮ると豆腐も美味さ倍増なんですよね。
うぞっ
2019/12/09 10:58:06
>>返信

やっぱ 紅い魚はウマソぉ~っすね(^_-)-☆
何気に 着物に付けの豆腐に ひかれました^^;
マルッチPP
2019/12/08 20:25:47
>>返信
Re:
>しおどめさん
うまかったですね〜
しおどめさんも是非、シャブシャブチャレンジしてみては?
うぞっ
2019/12/08 20:12:37
>>返信

ビールうめえ~っ っていいですよね~(^^)/
うまいはず(^^)/
うらやましい限りです。
お疲れさまでした。
しおどめ
2019/12/08 16:43:58
>>返信
Re:
>すずきんさん
いや~最初に釣れてなかったらリベンジでしたね。完全に。
鬼シャブとかはもらってでも食べちゃったら、来年でもいいかとは思うけど、食べてないとスイッチはなかなか戻らないですよね~
うぞっ
2019/12/07 18:23:29
>>返信
Re:
>まるかつさん
やっぱオアカムロですか!
数日前、近くのスーパーで「尾赤」って書いて売ってたのを見てたので、もしかして?と思ってたんです。
今日食べてみてイマイチだったら、サバの竜田揚げと混ぜちゃおうって思ってたんで、期待値上昇しました。
ありがとうございます。
うぞっ
2019/12/07 18:18:40
>>返信

本命顔見れて良かったですね。しかも良型だし^^v
>食べたいスイッチは一度入るとなかなか戻らない。
良く分かります。
でも、最近はその気持ちが持続しにくくなっちゃった感じ^^;;
うぞっさんの記事読んだらまたスイッチ入っちゃった^^v
すずきん
2019/12/07 17:25:47
>>返信

写真を見ると、このムロアジはオアカだね、刺身群抜だよ。もう食べちゃった??
まるかつ
2019/12/07 13:59:11
>>返信
Re:Re:
>うぞっさん

わざわざ有難う御座います。
今度やってみます。
イカ星人
2019/12/07 12:57:17
>>返信
Re:
>イカ星人さん
鬼シャブは美味しいですね~
肝煮付けは、特段の作り方はないですが、元気なうちに樽で血抜きして、肝を傷つけないように取り出したら酒に漬け、あとは酒みりん醤油1:1:1と砂糖適量で軽く煮るだけですね。オニの時は生姜なしで豆腐を入れることが多いです。大事なのは釣行当日に作る事ですね。
うぞっ
2019/12/07 10:01:22
>>返信

鬼シャブおいしいですよね。
肝煮付けが気になるのですが、よかったら作り方を簡単でよいので教えてくれますか?
イカ星人
2019/12/06 14:38:39
>>返信

ブログ更新情報

テーマ別

魚種・釣り物別