2019/12/29 09:14
テーマ:その他
釣り関係ないです。

昨日の会話で、年越しが近づいてるのもあって

年を重ねるにつれて、 「無くなるのは羞恥心、増えるのは度胸 」だけだね~っ^^

なんて言葉が出たのだが、

そういや、生きてきた中でもっとも衝撃的だった羞恥心の話を思い出した。


だいぶ前だが、電車に乗っていると、七人掛けの長椅子に全員座っててちらほら立っている混み具合。

俺も長椅子に座っていると、駅に着いてドアが開いた途端、

「あ~っ、良かった!!あいてる!あいてる! 」

と、おばちゃんが、通る高めの声をあげた。

「え?あいてる? 」

と思ったし、周囲も 「?? 」な感じになったのだが、

おばちゃんは、バタバタバタと車内の中ほどに進んだかと思うと、

俺が座っている反対側の長いすの前まで行き、

ごく普通の間隔で座っている人の間の足と足の間にお尻を突っ込み、

お尻をフリフリ、ギュッギュと押し込み、後進。

さすがに皆もビビり、ズレ始めると、どんどんお尻をフリフリ、ギュッギュ。

ついには完全に座れるまで押し込み、

「あ~よかった 」

えええええ、周囲は時間が止まったかのような雰囲気。

そして、狭くなったからではなく、怖いというか、いたたまれず、一人の客が長いすから離脱。

無事、7人掛けに7人が座ることに。

お、おぞましい。

うーーん、羞恥心の無さの極みというか、歳を重ねたからではないであろうが、いまだにこの時の事は忘れられない。

今は、7人掛けだと途中でポールが立ってるから、こんな光景はないだろうが、あのおばちゃんなら、さらなる光景を生み出すかもしれない。

減っていく羞恥心も、残りますように。



良いお年を

※画像の左上に マークが表示されている場合は、画像上にマウスをもっていくかタップすると、画像への注釈が表示されます。

お名前(必須)
タイトル
URL
コメント(必須)
認証(必須)
<=

コメントする

ブログ更新情報

テーマ別

魚種・釣り物別