2020/10/21 09:41
テーマ:釣行記
魚・釣り物:アカムツアカムツのイラスト 乗合
コメント(14)
火曜日、波が少しだけ落ち着く?となると宿のHPをチェックして、仁徳丸さんには仕立 (したて:チャーター船のこと) てが入っていたので、乗合が満員になってギラギラ殺気立つかもとビビって回避し、

大き目の船だと~どこが・・・、日曜時点で予約が4人だったお隣の浜茄子丸さん19tに電話してみると、女将さんらしい人が

乗れますよ~

4:30集合で、ホタルイカの大きいパックが付くからこれで十分足りると思うよ。

針は二本限定、おもりは150号で、糸が細い人は120号使ってるから、船頭にきいてみて。

うん、情報応対は完璧。

席は先着順らしいので、何時行ってもトモはどうせ無理だろうし、船もでかそうなんで大丈夫だろう。

お願いしやす。

波崎 浜茄子丸
帰港後撮影

予報では15時ぐらいまでは波は持ちそうでしたが、風が出るかもって感じで早上がり覚悟の決行です。仕立 (したて:チャーター船のこと) て流れちゃって、勇んで作った仕掛けだけ残ると、無理矢理でも行きたくなる。

4時半集合で3時前についたら、結構な数の釣り座 (つりざ:船上で釣り人が座る位置) 確保の棒が立ってて、でも左ミヨシだけ空いてたので、船酔いする身なのにそこをゲット。

これが運命の分かれ道^^

その後、お隣に付けていた車の方は常連さんらしく、浜茄子丸さんはいつも満員だよ。前なんか20人のってた。

なんて脅されて、ありゃ、ま~ミヨシ (みよし:船の中の位置で船首側を言う) 取れたんだからいいか。

結局両舷7名、船首1名の15名でしたね。船大きいし、これなら何とかなるかな。

釣り座配置図

4時過ぎに親父船長、若船長(たぶん)と来て、4時40分河岸払い (かしばらい:船を離岸し、海に出る事)

キャビンは避けて二階操舵室後ろでひっくり返って寝てました。航程、風も波も少しあったので1時間10分程度。雨じゃなきゃまだ外でもなんとかなる。

カンネコ根

さぁ、おひさしぶりのカンネコ根のアカムツ君、よろしく!

今日のセットアップ

基本150号指定でしたが、PE3号120号でいい?って親父船長に聞いたら、やってみて様子見て!って事で、

最初は、マシュマロ+小フロートダブルでやってみます。水深、カンネコでは深めの150m。周りに船はいません。

ほどなく、お隣さんがサバですね。

あ、俺もサバだって巻いてみると?ん?なんか混じってる?

って少し遅めに巻いたら、上はアジ、下がサバでした。

その後も、本命の声が聞こえないな~

なんて思ってたら、おっとこれは本命かも?ってアタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう)

巻く途中も、アカムツの匂いが少しだけします。ただ、かなり小さい。

いつの間にか若船長が後ろでタモ (たも:タモ網のことで、魚をすくう網) 持って待機。

ってあと20mで、ビョン!!

ガーッ バラした~っ

若船長 「竿もちょっと立てないと、それだとバレるよ 」

あまりに的を得たダメ出しに、ごもっとも

その後、船中で少しずつですが本命が上がり始めます。

寒猫根アカムツ 仕掛け・タックル図

俺の竿にもいいアタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう) が出て、今度はちゃんと竿を立てて波をできるだけ吸収。

一度バラすと、その後の巻き上げがドキドキです。

無事30cm程度のルビーをゲット!フ~ッとりあえず食べられる。

続いては、マシュマロ+パイプ版の仕掛けにチェンジしてみます。

で、すぐにアタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう) がでて、上がってきたのサイズダウンのアカムツ

うーーん。もう少しサイズがほしいな。

と、願っても、今度はちびちびユメカサゴ

続いて、サメ。

なが~いひと流しでしたが、アタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう) が減って、船も移動します。今度は、結構な船団です。少しだけ水深は浅くなりました。仁徳丸もいましたね。

船中の様子

フロートパイプは潮乗りもよさそうでアカムツ釣る分にゃ問題なさそうだけど、ちょっと乗せる潮が緩すぎなので、念のためマシュマロ+小フロートダブルの重さキャンセル版に戻します。

そんな事より、波も、風も少しずつ悪くなってきました。


釣る分には問題ないんですが、こうなってくると、最大の問題は、立っているこのミヨシ (みよし:船の中の位置で船首側を言う) の条件。

船首の水を切る船底の曲線が足元まで来てて、舷側ピッタリに立てず、踏ん張るのに足や体を押し付ける場所がない。

左ミヨシの釣り座

フラついて釣りにならない。俺に、二足の仁王立ちだけでこの釣り座の揺れを吸収できるほどの体幹はない。

しょうがないから座って釣ると、こんどはミヨシ (みよし:船の中の位置で船首側を言う) の上下動を吸収するのがものすごく大変。

立ってたら腕を上下させてかなり対応できるが、座って、かつ舷側まで距離があると、ほぼ竿の上下動が使えない。

ハンドルとクラッチ、スプール (すぷーる:リールの糸を巻いてる部分) を滑らせることで対応する羽目に。

イメージする仕掛けの動きにするのが、おっそろしく忙しいし、難しい。

お隣の釣り座は、舷側ギリギリまで立てるのに、ここだけダメでそれがこの海況だと厳しい。空いてた意味をここで知りましたが、時すでに遅し。反対舷はうまくやってる?って振り向くと同じように座ってました。潮が緩いときのアカムツに、無駄な仕掛けの動きは厳禁。

なんとか対応してやっと釣れたのは、またサイズダウンのアカムツ

クーーっ、ダメだね~。ま~釣れてんだから贅沢だけど。

このあたりから、皆さん外道 (げどう:狙っていない種類の魚のこと) を上げる姿も見られないほど潮が緩く、魚の活性も下がってきました。

それでも、揺れるミヨシ (みよし:船の中の位置で船首側を言う) でなんとか座りながら止める時間を間に挟んでいると、

竿先、ググッ

あ、ひさしぶりのいい感じ!!

これ来たな!となんとか立って巻き上げを堪えていると、60mぐらいで、ビヨン!!

ガーーンバレ (ばれ:魚がかかったが逃げられること) た!!今日二回目。しかも、いままででは一番型がよさそうだった。ショックだわ~

さすがにこれだけ波があってミヨシのこの条件だと、バレ (ばれ:魚がかかったが逃げられること) もでるか~もう少し柔らかい竿じゃないと無理だな。

で、もはやこれまでか?なんて思いながらも頑張ってると

ガッとひったくるようなアタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう) !!

おっ、

で巻き上げ始めると、おおお、いいんじゃない?

たのむ~バレ (ばれ:魚がかかったが逃げられること) ないで~。渾身の祈り。

で、上がってきたのは、ドーンデップリアカムツ

ようこそ、ようこそ、待ってたよ。

デップリアカムツ

もうこれで俺は満足~

気が抜けたのか、ここからあくびが出始め、残り1時間程、気持ち悪くなりました。

そう、船酔いです。

ほぼ、気の抜けた状態ではさすがにこの海況ではどうにもならず、最後の流し (ながし:一つのポイントで釣りを開始して竿を上げるたまでの一単位。通常潮の流れにまかせる流し釣りの場合に使用する。流し終わると別のポイントへ移ったり、同じポイントの場合は潮上まで戻って流しなおしたりする) も早々に切り上げ

11時30分納竿 (のうかん:釣りを終了すること) ~っ

早めに片付け始めたので、さっさと甲板で大の字で寝て帰港

最終釣果 (ちょうか:釣れた魚の数) は、
アカムツ4(42、30、27、26)アジ2、以下リリース (りりーす:釣った魚を放流すること) (サメ2、ユメカサゴ2、ムシガレイ1、ペンシルサバ3)

船中0~6尾です。

本日の釣果

アジ二尾

あの海況で、この釣り座 (つりざ:船上で釣り人が座る位置) なら上出来ですね。最後まで釣りできたし、満足です。

ご夫婦も小さいの一つだけご在宅で、あとは不在。特にデカい奴にいなかったのはラッキー。

やけに身が細くてクロムツみたいなシルエットの個体のみがオスで、他はメス。ただ、デカい奴以外は真子はあまり大きく成長してなかったです。特にタイノエのいたメスは真子は未成熟って感じでした。肝は全体的に小さめ。

船は、おやじ船長が操船して、中乗りに回っていた若船長はちょっと愛想がなかったですが、釣り始めてほどなく氷を割って各クーラーに勝手に入れてくれたり、常連と話してても、巻いているといつの間にか後ろでタモ持ってるし、オマツリ (おまつり:他の人の仕掛けと絡まること) 対応も普通にしてたので、少し多めの人数でも快適にやれました。この船独自のポイントも、船団も両方やったし、いつも客が多い理由はこの辺ですかね。樽の裏にコーキングみたいな滑り止めがついてるってのも、なかなか細かい気のくばりもある(途中の釣り座の写真に写ってます)。

備忘録として、この船の舷側だとチビラークはクランプ部分の奥行が浅くて設置しにくかった。重くても大きい奴もっていく必要がありますね。

仕掛けは、潮の緩さが激しいときはフロート、軽い緩さだとパイプ、流れているときはマシュマロのみぐらいの配分かもな~な感じを持ってきました。今後検証だな。

あと、釣り座 (つりざ:船上で釣り人が座る位置) 選びも足もとをよく考えないとな、と、揺れる時は竿はもうすこし柔らかめなんだろうが、選べる程持ってないし、どっちかと言うと、そういう時は「乗るな」かな^^

カンネコでなぜか俺は釣れないアジが2尾混じったのは、底から探っていく自分の釣り方でも、ミヨシ (みよし:船の中の位置で船首側を言う) だと上下動が大き目だったんだろうなって感じです。

兄宅に2尾届け、デップリ君の真子を堪能してご満悦で疲れて、バタン

真子と肝の煮付け

アカムツさん、ごちそうさまでした。


※画像の左上に マークが表示されている場合は、画像上にマウスをもっていくかタップすると、画像への注釈が表示されます。

お名前(必須)
タイトル
URL
コメント(必須)
認証(必須)
<=

コメントする
Re:
>スパ郎さん
やっぱりデップリアカムツの炙りは絶品ですね。
これを知ったら戻れない。
結構魚は多そうでしたから、デップリ狙いで行ってはどうですか?
うぞっ
2020/10/26 16:41:21
>>返信
Re:
>たー坊さん
人数的にはミヨシでだいぶお祭りも減った感じで助かりましたけど、足もとと海況で苦しみました。
それでもラッキーにも俺の餌を食ってくれて満足です。
いろいろ考えて仕掛け作っても忘れちゃいますよね。俺も一か月後には何も覚えてないです。メモ大事。
うぞっ
2020/10/26 16:39:56
>>返信
Re:
>今やんさん
用意しちゃってたから、チャンスをうかがってたんですけど、もう少し海が落ち着いてたらな日でした。
でもま~一尾いいのが釣れたから満足です。
こういうサイズを味わうと戻れなくなりますよ。
うぞっ
2020/10/26 16:37:56
>>返信

いつの間にかアカムツ行っていたんですね。
そしてデップリ君をゲット。
うーん、ワタシも炙りたい!!
スパ郎
2020/10/26 12:24:59
>>返信

うぞっさん お疲れさまでした。
平日ですごい人数ですね。さすがアカムツ人気。その中で釣るのもさすがだけど、良いサイズが入りましたね。うらやまです。僕も、2回目のアカムツでいろいろな仕掛けを試そうとおもっていたんですが、流れてしまって波崎に行くタイミングを考えたんですが、流石に遠いので色々な条件が合わないと難しいく、断念。
来年に向けて、仕掛けにメモをいっぱい書きました(笑)
たー坊
2020/10/26 06:49:06
>>返信

行ったんですね~カンネコ(^^)
私も行こうかと悩みましたが、フグ釣りが不完全燃焼だったので息子の沖釣りデビューもかねて大洗へ行ってきました。

いつもうぞっさんの日記は勉強になります。

足場の無いミヨシで海が悪くなるのって鬼釣りを思い出しちゃう。(笑)

でもナイスなアカムツをゲット!俺もこんなのに会いたいっすよ。

お疲れっした!
今やん
2020/10/26 04:27:48
>>返信
Re:
>ペータさん
酔う人間からすると、最近の外海の状況は悶々とさせられますね。出られなくはないけど、酔いそうってのばかりです。
厳しい日と条件だったんですが、満足の釣果でラッキーでした。
アカムツはやっぱりおいしいですからね。
うぞっ
2020/10/23 09:48:00
>>返信
Re:
>まるかつさん
そうなんですよ。乗せてもらう気満々で仕掛け作っちゃってましたから、できそうな海況をチェックしてたら、いまいちが続いて強行したら、最後酔いました。
稲取も、そろそろ以前の大爆発しそうですよね。船出られるといいですね
うぞっ
2020/10/23 09:45:09
>>返信

うぞっさんよいなあ
前回酔ったんで4連休取り土曜日アカムツ月曜キンメだったんですが流れました・・
なのでどうしても行きたかったんで月曜木曜と鴨川第3にクロムツリレーしてきたんですがみんなとアカムツ行きたかったですよ
釣果も羨ましいなあ
ペータ
2020/10/22 22:02:09
>>返信

仕立てが悪天候で流れてしまいましたが、アカムツ釣りたい食べたい気持ちは抑える事ができなかった様ですね。
船酔いしながらも本命ゲットできて良かったですね。
こちらは稲取アカムツに賭けようと思います。
まるかつ
2020/10/22 20:41:21
>>返信
Re:
>すずきんさん
いや~ミヨシの釣り座が空いていた意味が、途中でわかりました。ありゃ常連は避けますね。いろいろ用意しないと無理って感じでした。
厳しい条件でしたが、十分な釣果で楽しかったですよ。
カンネコ根もたくさん船が集まってて盛り上がってますね。
うぞっ
2020/10/22 09:26:41
>>返信
Re:ナイスサイズですね(^^)/
>しおどめさん
結構厳しい条件だったんですが、なんとか後半釣れてよかったです。
やっぱりアカムツはテンションがあがります。
うぞっ
2020/10/22 09:24:30
>>返信

ミヨシの釣りやすさって船によってエラク違いますよねぇ~
それでも、ミヨシが好きなんだけど・・・^^v
42cm頭に4本は満足な釣果ですね、うらやましい。
最近、土日の天気悪すぎーー;;
すずきん
2020/10/21 20:31:57
>>返信
ナイスサイズですね(^^)/
うぞっさん ご無沙汰しております。
42cm!!デップリサイズ(^^)
桶はみ出しそうですね。
終盤こういうのが釣れると、もう満足って
わかるなぁ(^^)
遠征お疲れさまでした。
しおどめ
2020/10/21 18:35:02
>>返信

ブログ更新情報

テーマ別

魚種・釣り物別