2023/04/02 16:52
テーマ:釣行記
魚・釣り物:アカムツアカムツのイラストアラアラのイラスト 仕立
コメント(10)
から、 アカムツ食べ飽きたかもだけど、稲取のアラアカムツでキャンセル出たよ 」って話をもらい、

うぞっ アラは食べ損ねたので、お願いします 」と参戦申し込み。

その後、アカムツは少し時期的に早いかもってことで、前半アマダイ→オニ狙いもするって連絡がきました。

最近、アラ・オニ、その前にアカムツに行って、ストック餌がゼロ状態。

丸のサバを買ってオニの大き目サバ餌と、アカムツ専用のサバ短を作り

後はホタルイカオキアミ (おきあみ:寄せ餌としてよく使う4cm程度のプランクトンの事。小さいものはアミエビと呼ぶ) の小さ目パックを買って、最後に仕掛けをゴソゴソ作って用意完了。

お世話になったのは、稲取 安貞丸さん

稲取 安貞丸
帰港後撮影


朝、宅に寄ってピックアップし、港に早めの5時に到着。と思いきや船長はじめ皆さんほどなく集合。

参加は、(幹事)、、うぞっの4名。

釣り座はクジで右ミヨシにて、船前方に全員座って、5時半に河岸払い (かしばらい:船を離岸し、海に出る事)

釣り座配置図

出港中

,稲取の夜明けとすずきんさん

最初はアマダイ狙い60m。

タックル (たっくる:釣竿やリール、仕掛けなどの釣り道具一式のこと) 統一で運ぶ物が減らせる様にと、前半は浅くてもオモリ120号で皆さんやります。

ただ、最近は200号、150mとか300mが多かったので、60m120号とか 「軽っ 」とか思っている間にブルブル竿先がしたと思ったら、乗りませんでした。

すぐに入れ直したら、即アタって小気味よい引き。

その後レンコ連発です。潮が緩い中、意外と活性がありますね。

遅い潮を想定した軽い樹脂連結の仕掛けでやってたので、レンコが多いのは餌が落ちるのが遅いからかもで、小サルカン (さるかん:糸を結合したり、撚りを軽減する金具) バージョンに変更して、誘い上げの高さを控えめに。

途中アタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう) が止まって、流し変え。

竿先がクッとしたので合わせると、ヌターッと入ります。重みはボチボチあるし生体反応もあるんですが、引きがなんかヌターッっとしてて、カレイとかの平べったい感じでもないものがかかります。

うぞっ 「変なのがかかった。嫌な引きで長いやわらかい感じ 」

もしくはタコ?とかも思ってたんですが、結果、長ーい奴でした。皆さんが言うにはダイナンウミヘビ。

初ウミヘビ

潮が止まると釣れるとかで、写真だけ撮ってはじめまして、即さようなら

その後の流し (ながし:一つのポイントで釣りを開始して竿を上げるたまでの一単位。通常潮の流れにまかせる流し釣りの場合に使用する。流し終わると別のポイントへ移ったり、同じポイントの場合は潮上まで戻って流しなおしたりする) 変えて、いまいち釣れない時間だったり、バタバタみなさん釣ったりを繰り返します。水深は少し深くなって90mライン。

いままで釣った認識がいまいちない、いいサイズのタマガシラとかも混じります。さらに、イトヨリ追加。

本命以外は賑やかで、マハタ釣ったり、がアオハタ釣ったりして、俺も 「ハタと名の付くものを釣りたい 」と叫んでいると、誘い上げの途中でクッ、

あっいいアタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう) !とグィっと合わせたら、ヌターーっって引っ張ります。

「えっ、いい感じで当たったのに! 」と巻き上げると、ほぼ暴れません。でも魚はいる!

うぞっ 「また?ウミヘビ? 」

と落胆しながら巻き上げていると40mぐらいでグングングンと明らかにいい暴れ方。

おっとっと、急に真面目に対応して上げてみると、いいサイズの本命アマダイでした。

やった~久しぶりの良型 (りょうがた:大きなサイズのこと。 「りょうがた 」もしくは 「りょうけい 」と読む) です。43cm。

アマダイ43cm

みなさんに 「ウミヘビとか言ってたぞ!アマダイのアタリもわからないか? 」

とイジメられます。

何を言われようと、釣ったもん勝ちで、いじめられてもニコニコ

続いて130mラインで、アマダイ狙いの場所ですが、オニも狙えるので、オニ狙いの人は切り替えてもいいとの事。

皆さんごそごそと仕掛けを変えてましたので、全員がオニ狙いですね。わかりやすい。


ここで、が、本命ぽっくないと首を傾げながら、はた目からはいい感じの巻き上げ。

結果、良型 (りょうがた:大きなサイズのこと。 「りょうがた 」もしくは 「りょうけい 」と読む) オニをあげました。その後、オニ用の身餌でアマダイ、再度首を傾げながら上げたらオニをダブルで追加と、首を傾げたフィーバー。

俺の竿には、リリース (りりーす:釣った魚を放流すること) 必死のチビオニと、リリース (りりーす:釣った魚を放流すること) しても浮くので持ち帰るしかないチビチビアヤメカサゴ連発。

結果、ここではデカい餌で小さい奴を釣っただけ。

チビオニ

船長が、 「そろそろ深場に行ってみましょう! 」ってことで、から 「状況が悪かったら戻って来るので仕掛けは置いといて 」と指示がでます。

ポコポコ移動して、オモリ200号、水深300m PE4→PE5に変更しました。

稲取 アラ・アカムツ仕掛け・タックル図

今回は、吹き流しみたいな置き竿 (おきざお:竿を手に持たないで竿掛けなどに置いた状態でアタリを待つこと) 用胴突き仕掛けを選択。以前乗った時や東伊豆の潮の感じで、この船ならこっちかなと。

源泉丸アラとか宇佐美のアカムツでも見かける構成です。通常の胴突き仕掛け (どうつきしかけ:一番下にオモリを付けて、枝状に分岐している仕掛けの種類) や天秤仕掛けも一応用意してきてます。

仕掛けを降ろして、たまにコツコツする程度にわずかに棚を切ります。っていきなり反対舷の

「いいのがのった! 」

と巻き上げ開始。本命の確信が持てるような乗り方と暴れ方だったみたいで、ニコニコしてます。

と俺の竿先もグングン!と既に乗っていて巻き上げはじめます。しかも断続的でちゃんと休みます。

うぞっ 「俺にものった~! 」

アタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう) アカムツかどうかちょっとわからない感じでしたが、暴れ方はアカムツそのものですね。

上がってきたのは35cmぐらいのいい感じのルビー色。下の針。

のも良いアカムツでした。天秤 (てんびん:主に仕掛けを沈める時に絡みを防ぐためのL字をした金具) でやってるみたいです。同じ群れだったんですかね。ほぼ同時でした。

その後も、カゴカマスクロムツ等の外道 (げどう:狙っていない種類の魚のこと) を挟みながら、天秤で釣っていると、天秤みたいな胴突きで釣ってる俺にはかかりますが、散発ですね。

群れは小さく底近くで、魚影 (ぎょえい:魚の数や密度の事で、程度は濃い薄いと表す) もそこまでは濃くない感じ。全部、下の針。

終盤になって、お隣のの竿が、しっかり休む断続的な重みのあるグングンをやってます。

ちょっと前、犬吠沖でお隣さんがサメだ~と言ってるそばで、 「慎重にやった方がいいですよ! 」って言った時のデカアカムツを思い出させる暴れ方そのもの。デジャブだ~っ。

こりゃアカムツならデカいぞ~と、船中期待の眼差しを浴びながら浮かんできたのは、・・・ルビーではなくグレーでした。

自分にはかかりませんでしたが、終盤は、船中でサメが多くなりましたね。

そのまま、ご夫婦不在の良き良き魚体の本命がポツポツ食って、午後2時納竿 (のうかん:釣りを終了すること)

最終釣果 (ちょうか:釣れた魚の数) は、アカムツ4(37~30cm)、アマダイ1(43cm)、オニカサゴ1(チビリリース)、クロムツ2、タマガシラ6、イトヨリ1、カゴカマス1、レンコダイ10、アヤメカサゴ3、(以下リリース)サバ1、ベラ1、ウミヘビ1、ユメカサゴ

と、非常に賑やかなクーラーになりました。

賑やかクーラー

天気も良く海も凪、船中でもアカムツを4つあげ、がデカオニとチビアラを釣り、アマダイも船中何尾か上がったし、なんとかミッションクリアって感じでしたし、おいしい外道 (げどう:狙っていない種類の魚のこと) が多彩でしたね。

この日のアカムツの条件は、底ベタベタの棚が第一、あれだけ巻き上げに時間がかかってるので一番の理由ではないが潮先が次ですかね。あの海域でノッコミじゃない場合はかなりゆったりとした餌の動きが大事だけど、波もなかったので長い枝は必須でもなかったかな。とは言え置き竿だと枝が少し長めが良くて、やっぱり一番は天秤の日でしたね。釣れてたから変えられなかったという日でした。

本命軍

アカムツ

レンコ軍

イトヨリ他

クロムツとアカムツ

タマガシラ軍

アカムツは一尾に進呈して、途中渋滞に何回か捕まって、を送った後も渋滞につかまって、深夜1時過ぎに家を出て帰宅したのは午後9時という長旅。。

ひさしぶりの疲労困憊ながら、遊んだ感大盛の釣行でした。

最低限の道具だけ洗って、風呂に入ってバタンキュー。

最後に、今回釣行後の再利用のための回収部材。一日にしては多すぎ。

回収部材

幹事ありがとうございました


Twitter Button Facebook Button Line Button Hatena Button

※画像の左上に マークが表示されている場合は、画像上にマウスをもっていくかタップすると、画像への注釈が表示されます。

お名前(必須)
タイトル
URL
コメント(必須)
認証(必須)
<=

コメントする
Re:
>スパ郎さん
ここまで賑やかなクーラーは珍しいですね。
朝から遊び倒した感じです。
稲取は港から近い所にも沢山の魚がいる感じがヒシヒシとしますので、みなさんが桃源郷と呼ぶのはよくわかりました。
うぞっ
2023/04/04 10:07:12
>>返信
Re:
>まるかつさん
いや~大変でしたが楽しかったですね。
誘っていただきありがとうございます。
もっと魚が集まってくれるよう次回まで日々の行いを良くして祈れば、次回は今回以上のパラダイスですね。デカいアラを抱えたドヤ顔ブログを楽しみにしてます。
お疲れさまでした。幹事ありがとうございました。
うぞっ
2023/04/04 10:05:42
>>返信
Re:
>すずきんさん
稲取は最高ですけど大変でもありますね。いままでで一番帰宅が遅くなりました。途中、運転しながらヤバかったので眠くならないようにつまらない話をまるかつさんにし続けてました^^
後で料理の記事を書きますが、タマガシラは美味しかったですよ。
あのデブっとしたアカムツが段違いの身でしたね。真っ白。
また遊びましょう。
うぞっ
2023/04/04 10:02:24
>>返信
Re:
>あかべーさん
いや~体が付いて行かないぐらい遊び倒した感じでした。それにしても稲取はまだまだ近いポイントに魚がいる感じですね。

今回の仕掛けは、枝を1mとるのと枝間をあけるので勇気がいるんですけどね。手持ちなら確率を下げるけど、置き竿主体ならありかな~と思ってます。200号おもりだと悩ましいですね。
うぞっ
2023/04/04 09:57:22
>>返信
Re:
>マルッチPPさん
あれだけいろいろ釣れて初めての魚も見られれば、さすがに疲れましたが、楽しい一日でした。
また遊びましょう
うぞっ
2023/04/04 09:50:34
>>返信

おっ! またまた美味しそうなアカムツに賑やかなクーラーボックス!
いいですねぇ~ 運転頑張った甲斐がありましたね。
スパ郎
2023/04/03 18:33:31
>>返信

往復の運転、本当にありがとうございました。
特に帰りは思いっきり遊んで陽を浴びた効果抜群で、さぞ眠かった事でしょう。
お陰で助手席で楽させていただき助かりました。
久しぶりでお隣で釣りをさせてもらいましたが、一日楽しそうに嬉しそうに釣っている姿が微笑ましくもあり羨ましかったりでした。
結果オーライですが端境期の稲取の楽しみ方を十分に検証できたような気がします。
また機会があればお声を掛けたいと思います。
まるかつ
2023/04/03 13:15:13
>>返信

お疲れさまでした。
帰りの車でマルッチさんと「うぞっさん、帰り大変だろうね・・」って話してたんですよ。やっぱり、大変だったんだ^^;;
アマダイ、デカかったですね。
アカムツも体高あって素晴らしい体型、さすが稲取って感じです。
でも、一番驚いたのはタマガシラ、相模湾ではあんなサイズ見たことないです。美味しいんですかね?
感想教えて下さい。^^v
すずきん
2023/04/03 09:21:10
>>返信

ホントに一日中遊びましたね~♬
クーラーBOXも賑やかでバンザ~イw
置き竿用胴突き仕掛けですか、φ(.. ) メモメモ
あかべー
2023/04/03 09:18:13
>>返信

ひえぇ~ 帰宅9時っすかぁ~
そりゃ 厳しいかったっすねぇ~
長い時間釣って おいしいお魚沢山確保して
たっぷり遊んだ感 満載の1日でしたね!
お疲れさまっした~🎵
マルッチPP
2023/04/02 18:41:46
>>返信

ブログ更新情報

テーマ別

魚種・釣り物別