2024/03/12 09:27
テーマ:料理
連日、魚を食べています。

フグの生ハムは4日ぐらいしっかり水を抜いて、薄く切り今後超値上がりすると言われるオリーブオイルをたっぷりかけ、軽く塩を振って白ワインの肴として。

2日に分けて食べましたが、あっという間に身もワインもなくなってしまいます。

フグの生ハム

ちょっと盛り付けはグダグダになってしまいましたが、噛みしめるほどに旨味が出るって奴。

アカメの歯ごたえは少し残って差はわかりますが、つまみとしてはチビチビやれてショウサイアカメのどちらも美味しく、少し違うってのがちょうどいい。

2日目ぐらいに寿司とあわせてフグの刺身も切ってみましたが、2日じゃやっぱりアカメはどんなに薄く切ってもまだブリブリすぎますね。数日内の刺身はショウサイに限ります。

フグの刺身

寿司は、イサキが身に味があって一番うまかったです。ウマヅラキントキフグ系も握りましたが、フグウマヅラは大葉を1/4だけ挟むとちょうど自分にはいい。キントキは皮の炙りも試しましたが、皮が堅くなってしまい歯ごたえがいまいちでした。身はおいしい。全体的に白身系の淡泊寿司ですね。

寿司

イサキの一尾は塩焼きに。これは定番だけあってバクバク、ウハウハ言って食べました。脂も少し乗ってましたし、やはり外さない。

イサキの塩焼き

キントキも、秋口の方が身の感じは好きですが、大きさもあったので煮付けには最適。うまかったです。

キントキの煮付け

型の良かったウマヅラと残った身は、まとめてフライに。

ウマヅラはフライに合いますね。全く癖のないいくらでも食べられる感じに仕上がりました。こりゃおいしい。

ウマヅラのフライ

沢山あった魚も、残すは何度もキッチンペーパーを変えてチルド室に鎮座するアカメのみとなりました。

ショウサイフグさん、アカメフグさん、ウマヅラさん、イサキさん、キントキさん、ごちそうさまでした。

Twitter Button Facebook Button Line Button Hatena Button

※画像の左上に マークが表示されている場合は、画像上にマウスをもっていくかタップすると、画像への注釈が表示されます。

お名前(必須)
タイトル
URL
コメント(必須)
認証(必須)
<=

コメントする

ブログ更新情報

テーマ別

魚種・釣り物別