ウマヅラハギ(馬面剥)の最近の釣れ具合

ウマヅラハギのイラストその名のとおり馬の顔のようなカワハギで、サイズも大きくなる。カワハギ同様、肝が最高。

3月26日、ウマヅラハギの釣果

地域
船宿
釣果
サイズ
ポイント
釣果元
コメント
まだ、本日の釣果を見つける事ができていません。
最多平均 白:今年 青:去年 ピンク:例年
細線:途中のデータ抜けのため補間


最近、ウマヅラハギの数が釣れている地域

ランク
地域
最大平均(参考水深)
コメント
最近、ランキングできるほどの釣果がありません。

最近、ウマヅラハギのサイズがでやすい地域

ランク
地域
最大平均
ランク
1
地域
外房
最大平均
34.5cm

最近、ウマヅラハギの数が釣れる船宿

ランク
地域
船宿
ランク
1
地域
外房
片貝
船宿
新亀丸

最近、ウマヅラハギの釣果があがった船宿

地域
船宿
最終釣果
地域
外房
片貝
船宿
新亀丸
最終釣果
3/23
地域
三浦半島
大津
船宿
小川丸
最終釣果
3/23

ウマヅラハギは、釣果データが結構報告されているので、釣り物としては成り立ってますね。

竿頭の釣果が最も高い時期は、3月の前半で、トップ釣果の平均値は、8.5ですが安定もしてないですね。

型(サイズ)がいいのが釣れる時期は、3月の前半で、最大サイズの平均値は、37.2cmですが、変動も激しいみたいです。

最も多くの船がでるのは、4月の前半で、安定した出船が期待できない傾向もみえますね。

年間を通じた、釣果、サイズ、船数の変動グラフを貼っておきます。

白:釣果 青:サイズ ピンク:船数 (縦軸%)

■生態や適した料理などを知りたいときは→ウマヅラハギの市場魚貝類図鑑(外部リンク)

一番上へ戻る