2021/12/19 09:06
テーマ:料理
魚・釣り物:アジアジのイラストユメカサゴユメカサゴのイラスト
鬼シャブチャレンジを完敗した中、餌釣りで今回釣れたアジは、サイズは大きいが見た目が完全に回遊系のアジ

いまいちかな~っとは思ってたんですが、一番大きい奴を捌いてみると、身がいい感じ。脂のノリはわずかだが、包丁の入り方が美味そうに感じる。

こりゃ生系でも楽しめるかもと、刺身、ナメロウにしてみました。

アジの刺身

刺身、旨いですね~っ。身自体にアジもあるししっとりしてるし、程よく旨い。

アジのナメロウ

ナメロウもご飯にのっけてバクバク。

あと、全然ダメそうな身が赤々な個体もあったので、それはかば焼きに。ま~こうなるとどんな魚もかば焼きのタレの味になり、確実に外れない。

アジの蒲焼

身がふっくらだったので、こりゃ残りはアジフライもいけるんじゃ?と

二尾分をデカデカアジフライにしてみました。

アジフライ

身厚ホクホクで美味しかったです。下処理段階でもう少しコショウふればもっと美味しかったかも。

最後に寝かせたユメカサゴの握り寿司。ワサビの代わりにかんずりをちょっとだけつけて、醤油でいただきます。

ユメカサゴの握り

たんぱくながら旨味があり、しっとりとしておいしい。皮目を炙りにすると脂も浮き出て香りも足されて別の味。

頭も定番の煮付けにして、頬っぺたの肉が最高でした。

ユメカサゴの頭の煮付け

普段小さい奴は即リリースしますが、良型 (りょうがた:大きなサイズのこと。 「りょうがた 」もしくは 「りょうけい 」と読む) は持ち帰るユメカサゴ

よかった~キープしといて。

これにて今回の釣果はすべて冷蔵庫からなくなりました。

アジさん、ユメカサゴさん、ごちそうさまでした。


※画像の左上に マークが表示されている場合は、画像上にマウスをもっていくかタップすると、画像への注釈が表示されます。

お名前(必須)
タイトル
URL
コメント(必須)
認証(必須)
<=

コメントする

ブログ更新情報

テーマ別

魚種・釣り物別