2019/10/20 16:02
テーマ:料理
大台には乗らなかったけど39cmあったチカメキントキ

丁寧にさばいてエンガワを取り出しました。

チカメキントキのエンガワ

そして、毎度変わり映えしないが、儀式なので握ります。エンガワ族ですからね。Tシャツでも作ろうかな^^

手前の4つがエンガワの握りです。

キントキの握り

一口でパクッ!

ん?味しない?

噛んでいくうちに、おっ、おおおおっ

最初存在感がなかったのに、噛むほどに旨味と甘みが!

うま~ぃ、甘~ぃ

幸せです。

エンガワ、あのサイズでこれだけしか楽しめないのか~><

ただ、他の身も包丁がベトッってするぐらいの脂の感じで、刺身でも寿司でも非常に美味でした。

キントキ尽くし

デカい奴、美味いね。

別途昆布〆にもしてるのですが、その前に、高級な昆布ダシ粉を酒で溶いたタレをかける簡単昆布〆風。




簡単昆布〆風

どんな白身でも美味しくなるんですけど、元の身がいいとやっぱり美味しいです。


翌日は、一回り小さいキントキのやっぱりエンガワ握りと、他の魚も。

イサキ君に元気に動く結構なアニキを発見したのとカスカスだったで、生で食うのは回避。

そうなると、ま~いいかと他の魚も合わせてから揚げにしちゃいました。

から揚げと握り

ニンニクを利かせた漬け汁だったし揚げちゃうと、判別がなかなか難しい。

アヤメカサゴはプリプリな上、身の厚みもあってすぐわかります。一番うまかったです。

イサキは身に味が強めで皮も黒目なのでわかる。

あとは、沖メバルと、アカイサキと、サクラダイ?っぽい奴は、判別不能でした。

美味しかったけどね。

エンガワ握りは、一回り小さくなったけど相変わらずの甘さ。

残りの身は、ポアレにして、バルサミコ酢のソースをかけました。

キントキのポアレ

見た目はともかく、外さない美味さです。うーーん、このソースを付けるパンを買ってくるんだった><

まだ寝かせたアカイサキキントキも残ってますが

チカメキントキさん、イサキさん、沖メバルさん、アカイサキさん、サクラダイっぽいのさん、ごちそうさまでした。

※画像の左上に マークが表示されている場合は、画像上にマウスをもっていくかタップすると、画像への注釈が表示されます。

お名前(必須)
タイトル
URL
コメント(必須)
認証(必須)
<=

コメントする

ブログ更新情報

テーマ別

魚種・釣り物別