2020/10/23 10:25
テーマ:料理
魚・釣り物:アカムツアカムツのイラスト
コメント(2)
なかなか自分の腕では対応するのが難しかった今回のアカムツ釣行でしたが、ラッキーにも良型 (りょうがた:大きなサイズのこと。 「りょうがた 」もしくは 「りょうけい 」と読む) も最後に取れて、炙れました。

相変わらずのメニューですが、やっぱりアカムツは何度食べてもおいしい。

豪勢な、炙りと漬け炙り握り。

アカムツの握り

身は真っ白でした。で、漬け炙りにするとサーモンのごとくの色合いになっちゃいましたが、味は漬け炙りが最高でしたね。

漬けダレが成功。

醤油と酒を1:1で沸騰させて煮切って冷まし、ほんのちょっと柚子胡椒を加えたタレです。柚子胡椒がほんの少し薫るぐらいのわずかさがいい。

切った身を軽くタレにくぐらせた後、皮目をバーナーで炙ります。必要なら冷凍庫にいれて火が入りすぎるのを防ぎます。

これくらいの脂の乗りの凄さだと、身もかなり薄めが握りとして相性がいいんですが、身も柔らかいのでしっかり研いだ刺身包丁じゃないとまともに切れないし、すぐ脂が刃について切れなくなる。贅沢な悩みですね。

大量に作っても、すぐお腹の中に納まります。

うううう~ うめ~っ

下を向いて目をつぶってうなる旨さ。

この上品な脂と皮目を炙った香りはたまりません。

頭は、毎度の豆腐と共に煮付けました。こうなると、ほほ肉と、豆腐が旨い。いや豆腐の方がうまい?^^

アカムツの煮付けの味は、まるかつさんのアドバイスどおり、薄めが楽しめます。

アカムツの頭の煮付け

あまりに漬け炙り握りが美味しかったので、次の日は、漬け炙り刺身をつまみに酒を飲みました。

漬け炙り刺身

あと、小さい奴は、アカムツ飯に。炊飯器だと身が大きいとご飯がいい感じになりにくいらしいので、ブツ切りにして入れました。オコゲも程よくできて、贅沢なご飯を堪能。

アカムツ飯

アカムツ飯

アカムツさん、ごちそうさまでした。

皆さんもぜひルビーをゲットして、楽しんでください。釣り人の特権です。


※画像の左上に マークが表示されている場合は、画像上にマウスをもっていくかタップすると、画像への注釈が表示されます。

お名前(必須)
タイトル
URL
コメント(必須)
認証(必須)
<=

コメントする
Re:
>ヨシケンさん
デップリが釣れた段階で完全に集中力は終わりました。
かなり緩い潮で外道の活性もない中、ぼちぼち上がってたのでアカムツは今年のカンネコは魚は多そうですよ。良型も結構まじっていたし。なんなら両方行ったらどうですか^^?
うぞっ
2020/10/23 12:49:20
>>返信

ビッグワンが混ざって本当に良かったですね。
私もアカムツを釣って、食いたいですが、いまはあまり数が出ないのでちょっと冒険ですよね。
犬吠埼沖2時間のポイントが始まるまで待つか、悩み中。
ヨシケン
2020/10/23 11:18:00
>>返信

ブログ更新情報

テーマ別

魚種・釣り物別