2019/05/27 14:21
テーマ:釣り道具
魚・釣り物:メヌケメヌケのイラスト
コメント(2)
今回のメヌケ狙いで、X-4ではいまの仕掛けは荷が重い事をひしひし実感。

体験しないとやっぱわからん。

ならば、今後やる機会があれば、同じってわけにはいかない。

といって、よりパワフルなタックル (たっくる:釣竿やリール、仕掛けなどの釣り道具一式のこと) を購入したい欲求は湧いてこず、

いただいたX-4に俺にもできるぞ!とドヤ顔をさせてあげたい。

愛しきX-4のための戦略会議です。



現在は幹は24号、ハリス (はりす:仕掛けの中で針が結ばれている糸。魚に警戒されないように最も細い糸を使う場合が多い) 16号の5本針。

現在バージョン

手巻き480m時に5本針の4本がハリス (はりす:仕掛けの中で針が結ばれている糸。魚に警戒されないように最も細い糸を使う場合が多い) 切れ。

しっかりハリス (はりす:仕掛けの中で針が結ばれている糸。魚に警戒されないように最も細い糸を使う場合が多い) が切れてくれているので、PEも幹も切れずにある意味狙い通り。

ただ、手巻きの速度って、あのX-4のギア比からするとかなり遅い。

ムラがあるので暴れやすいのが災いしたんだろう。

まず、5本針は無理と判断。

アタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう) が出てから弛ませて群れの追い食いを狙うので、針数を減らすと数を釣る可能性が下がる。

とはいっても 「提灯ズラズラ 」までは望んじゃいけないって事は痛感したので、

「提灯ズラ 」狙いの4本針だな。


あと糸の太さ。

幹の24号は、5尾かかっても切れていないし、PE8号も大丈夫だった。

宿の仕掛けはハリス (はりす:仕掛けの中で針が結ばれている糸。魚に警戒されないように最も細い糸を使う場合が多い) 20号(幹30号)との話もあるし、ハリス (はりす:仕掛けの中で針が結ばれている糸。魚に警戒されないように最も細い糸を使う場合が多い) は20号までは上げられる感覚。

ただ、ハリス (はりす:仕掛けの中で針が結ばれている糸。魚に警戒されないように最も細い糸を使う場合が多い) 20号で幹24号は心もとないが、30号となるとPE8号が心配。

根掛かりは、捨て糸 (すていと:胴突き仕掛けで、一番下の針の分岐からオモリまでの糸の事。根掛かり時に切れる事を期待して、細めの糸を結ぶことが多い) とハリスを考慮すべきだが、全針掛かった時、どうにも潮が速い場合、

少なくとも半分は残るって感じの、 「トカゲの尻尾切り 」かね。

こんな感じで、上2本と、下2本で強度を変えて、たくさんかかったら優先順位を持てる様にしよう。

トカゲの尻尾切りX-4用

自然相手は計算通りなんていかなくて机上の空論になりそうだが、今のままよりはだいぶいいんじゃないか?な感はある。

オーバーヒート初体験で、ヤバい時の感覚も少しついたし、X-4専用のチューニング。

次、いつ行けるかわからんが、ここまで妄想して、メモしときます。

※画像の左上に マークが表示されている場合は、画像上にマウスをもっていくかタップすると、画像への注釈が表示されます。

お名前(必須)
タイトル
URL
コメント(必須)
認証(必須)
<=

コメントする
Re:
>たー坊さん
同じ体験すると考えざるを得ないですよね。手間をかけるしかないかな。
PEは強度があがってるとは言え、ハリス20号はキツイので18号にするかもです。
うぞっ
2019/05/29 10:55:46
>>返信

色々考えてますね。僕もハリスは同じような事を考えてましたが、なるほど幹も変えれば最悪2つは残るって事ですね。納得!
たー坊
2019/05/29 10:03:07
>>返信

ブログ更新情報

テーマ別

魚種・釣り物別