2022/03/13 12:28
テーマ:釣行記
魚・釣り物:アラアラのイラスト沖メバル沖メバルのイラスト 乗合
コメント(14)

久しぶりの仕立 (したて:チャーター船のこと) て釣行です。

自分的には全く気付いてなかったんですが、記録を見ると一年半、仕立 (したて:チャーター船のこと) て船に乗ってない。ビックリです。

今回は、主催のアラメバル仕立 (したて:チャーター船のこと) てに参加させてもらいました。

お世話になったのは、波崎 仁徳丸さん。

波崎 仁徳丸

小さいアラは今季食べたんですけど、やっぱりまだ寒い内にしっかりシャブシャブしたい。

そして今茨城で沢山釣れている沖メバルも同時に狙うって事で、自分的にはアラ狙いで、スケベ針 (すけべばり:基本仕掛けに加える仕掛けの事。例として、カットウの上に付ける胴付きの食わせ仕掛け) を足す感じ。

どっちかと言うと、アラがいる海域にはオニカサゴもいる可能性が結構あるので、スケベ心は底側に振れてます。

アラ>鬼>メバルでサイズ重視。数はいりません。

要するにシャブシャブしたいんです。

結果、前のブログに書いた、 「煩悩 」仕掛けを用意しました。

煩悩仕掛け

本当は天秤仕掛けにしたいんですが、案内仕掛けが胴突きなので、参加メンバーも多い事を考えると、潮と釣り座 (つりざ:船上で釣り人が座る位置) の条件が合えばって感じですね。用意だけはしていきます。

メバル用のサビキ (さびき:魚の皮やビニールなどをハリに巻いた擬似バリを何本も付けた仕掛け) 仕掛けも一組作って、後は市販品を購入。

参加メンバー

、ポン太さん、、扇さん、扇兄さん、いとうちゃん、(幹事)、うぞっの14名

って、仁徳丸の小さい方だと14名は多くないか?って確認したら、FACEBOOKに新たにデカい船の進水模様が載ってる! スライドで「でっかくなっちゃった 」って奴ですか。

朝4時集合。遠いですが暖かい予報なのがうれしいですね。クジでゲットした釣り座 (つりざ:船上で釣り人が座る位置) は、なんと左トモ。しかもスタンプがたまってて、半額乗船。

新しく今回は乗り合いで出る船を見学すると、キャビンの前方は、ゲーミングチェアっぽいのが並んでてデカくて快適そうでした。

新造 第七仁徳丸

キャビンの椅子

4時半出港で、後ろで横になってもなんか寝付けず。50分ほど走った所で体を起こすと、ん、気持ち悪い?酷くはないが胃がムカムカ。

釣り座配置図

いい席で、大して揺れてないのに酔ったっぽい。

朝焼けが最高に美しく、写真をパシャパシャ。

銚子沖朝焼け

って、以後、写真がないです。

毎度酔った時は、写真を撮る気になれないのと、細かい作業もできない。

結局1時間半走ってポイント到着。銚子沖27,8kmって所ですかね。

アラ・メバルポイント

酔いは酷くはなく、席もいいので釣り自体は問題なさそう。

水深は120~130m。

「えっ、200m弱って聞いてたけど^^ 」

「ま~いいか、シャブシャブよろしく! 」

「煩悩 」仕掛け投入なんですが、あんまり適度なイカを調達できなかったので、アラ用には大きなサバとか小イカとか付けます。

波崎 アラ・メバル仕掛けタックル図

と言ってる傍からすべての 「煩悩 」を無にする、サバ「欲望 」の嵐。

沖メバルの煩悩を捨て、一番上側のフラッシャーをカット。

「あんまり作業をさせないでね!酔うから! 」

でも、バカでかいサバ餌以外に、イカなんか付けたら速攻でサバがかかります。

デカいサバの短冊だけになったら、なんとか底で戦えるようになりましたが、船長もサバ回避で場所変え。

次の場所は、今度は潮がバカっ速!

底を取り直す度に、10m以上糸がでます。

早々に諦めてポイント移動。

次のポイントでは、サバの頻度が少し下がったが、色気を出してなんかやると、デカいサバ短にさえサバがかかってくる。

ここで、小さいユメカサゴもかかって、

「君が釣れない様に大きなサバ短にしてるんだから、大きくなってからかかってね! 」

リリース (りりーす:釣った魚を放流すること)

お隣のアッキーさんが、沖メバル本命と、カンコを上げました。

その後、皆さんもサバとかたまに沖メバルって感じ。

底の魚もいまいち活性がでない。

ちょっと周囲で沖メバルがポツポツ釣れてサバが収まった時期があったので、

アラ狙いの心が折れて、 「オカズはゲットしとかないと 」と、自作の5本針メバル狙いサビキ仕掛けにチェンジ!

降ろして瞬殺で、竿先にアタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう)

ただ、サバだな!ん?でもなんか暴れかたが重めで派手!


上げてみると、全5針で銀色がグルグル回ってます。

ただ、上から二個目だけ銀色が太く、メダイがかかってました。

4号ハリスだったので、お隣のアッキーさんにタモ (たも:タモ網のことで、魚をすくう網) 取りしてもらって、

ま~なんとかオカズはゲット!

船長にタワシを借りて、酔いそうな中、ニュルニュルを取って、ビニールに入れてクーラーへ。

船尾の大きなクーラーに氷が用意されていて、トモにいるので釣れてから氷を入れればいいやって思ってたんですが、最後まで氷を入れない可能性もあるなという状態からは脱却!

そのままサビキを降ろすと、底で待ってるといいアタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう)

そして、引きもなんか美味しそうな感じ。

上げてみると、ちゃんとボチボチの沖メバルがかかってました。

ふ~これで本命坊主 (ぼうず:狙った魚が一匹も釣れない事。オデコともいう) はなくなった。

高級魚と呼ばれてる沖メバルは、刺身にするにはサイズがでかい奴をだいぶ寝かさないとイマイチ。

自分的にはクロメバル程ウルウルこないのですが、煮付けと、アクアパッツァは食べたい。

なので、もう一尾だけ沖メバルを釣りたいからサビキ (さびき:魚の皮やビニールなどをハリに巻いた擬似バリを何本も付けた仕掛け) 継続!

って次は、そこでコツとあったらグイーンって持ってかれます。

あれ、デカいのがかかった?ん、なんかおかしい!

なんて上げていくと俺が巻き上げおわったら船尾にオマツリ (おまつり:他の人の仕掛けと絡まること) しながらデカいヒラメが浮いてきた。

やばやば、どうもヒラメをかけたらしく、そのまま俺の仕掛けが巻き込まれたっぽい。

でも、完全に途中とかが絡んでるんじゃなく、俺の針の部分にヒラメがいる。どういうこと?

結局、船長がでかいタモ (たも:タモ網のことで、魚をすくう網) をもってくるまで、俺が船尾でヒラメをぐるぐる回しながら取り回し、船長のタモ (たも:タモ網のことで、魚をすくう網) 取りで無事ゲット。

あはは、なんか俺が釣った感じになったら、

「全く釣った感じがしない! 」

「でしょうね!^^ 」

一体どうなってるの?とヒラメをよく見ると、デカい針がヒラメの下あごにがっちりかかっていて、バレ (ばれ:魚がかかったが逃げられること) る感じはなく、ただ俺の仕掛けがどう絡んでるかもよくわからず。

どっちにしろ仕掛けはもう使えないし、あとは市販仕掛けしかないから、アラ、鬼狙いに戻ろう!

その後、右トモのともオマツリして、どうも潮が左舷から右舷 (うげん:船の船首に向かって右側) に流れてて、俺のPE5号が少し押されてるな。

酔うからあんまり作業をしたくないが、予備のPE4号タックル (たっくる:釣竿やリール、仕掛けなどの釣り道具一式のこと) にチェンジして継続。

その後、アラ狙いを続けますが、サバ短に色気を出して、イカ餌とかホタルイカとかを追加で付けたらしたらアタリ (あたり:魚が餌に食いついた時に竿先が動くこと。魚信ともいう) はあるが、乗らずイカだけが取られたりします。

だいたいこういう餌の取り方をするのは、メバルでしょう。

サビキ (さびき:魚の皮やビニールなどをハリに巻いた擬似バリを何本も付けた仕掛け) 仕掛けに変えればメバルは追釣できそうだったが、シャブシャブがしたいし、作業すると酔いそうなので、そのまま継続。

右舷 (うげん:船の船首に向かって右側) で、さらにでかい5.7kgのヒラメがあげたらしく、何釣りなのかよくわからない感じで、時間で納竿~っ。

帰港途中は、今度はグッスリ寝て、目が覚めると気分スッキリ!やっぱ酔ってたのね!

最終釣果 (ちょうか:釣れた魚の数) は、オキメバル1、メダイ1,サバ多数(餌用に2尾キープ)、ユメカサゴ2(チビでリリース)



船中でアラは見られず。メバルは狙って釣ってた人はボチボチあげた感じです。

軽く酔ったが、いい席で、天気も良く、皆さんにもひさしぶりに会えたし、もともと坊主 (ぼうず:狙った魚が一匹も釣れない事。オデコともいう) 上等の釣りながら楽しめました。

帰宅後、オキメバルは煮付け、メダイを刺身で食べ、味噌漬けに仕込んで、残りを揚げ物にでもしよう。



オキメバルの煮付けはやはり美味しいですね。ホホ肉をニコニコしながら食べました。

あと、メダイの刺身は甘かった。たんぱくなので、かんずりかな?ってつけてみると、メダイの甘さが消えてしまう。塩でもいまいち。ほんのわずかなわさびと醤油かな。



オキメバルさん、メダイさんごちそうさまでした。

、幹事ありがとうございました。



※画像の左上に マークが表示されている場合は、画像上にマウスをもっていくかタップすると、画像への注釈が表示されます。

お名前(必須)
タイトル
URL
コメント(必須)
認証(必須)
<=

コメントする
Re:
>スパ郎さん
アラは無理でも、鬼は欲しかったですね。
ま〜アラ狙いはこんなもんでしょう
うぞっ
2022/03/15 22:27:17
>>返信

煩悩仕掛け不発でしたか、、、。
メバル、あと2、3枚あればバッチリだったんですけどね。
残念、貯金しに行ったと思って次に期待しましょう。
スパ郎
2022/03/15 18:31:43
>>返信
Re:
>今やんさん
いくら全針とは言え、やけに重めに暴れるサバだな~と思ってたのでメダイは想定外でしたが、お土産として一尾だけなら混じると嬉しいんですよね。
サバは潮が止まった瞬間以外ズーッと元気でしたしね。
アラは船で顔見たかったけど、また挑戦ですね。
お疲れさまでした。
うぞっ
2022/03/15 09:23:09
>>返信
Re:
>マルッチPPさん
サバとサメの攻撃は想定していたんですが、ここまで長い事続くとは思ってなかったです。でもアラ狙いで撃沈覚悟でしたから、オカズがあれば良しですかね。
うぞっ
2022/03/15 09:18:37
>>返信

うぞっさん、土曜日はお疲れ様でした。
なんか、席順が過去の嫌な海を思い出すポジショニングでしたね~
ポイントまでウネリ有りで少し心配でしたが、あの海のことを考えると超凪!でした。
しかし、あのサバ攻撃だけはなんとかして~って感じでしたね、半身を餌にしてもサバ!(笑)
メダイ釣れる夢見たんだけど、うぞっさんだったのねん♪
次回もよろしくです!
今やん
2022/03/14 22:45:52
>>返信

サバ地獄お疲れ様~(._.)
いろんな可能性あると ついつい 欲張っちゃうのって 有るよね〜
大本命無くとも 美味しい
おかず取れたんで(*^^)v
マルッチPP
2022/03/14 17:41:22
>>返信
Re:
>あかべーさん
サバ、なかなか諦めてくれませんでしたよね。
天気がよくて朝焼けが綺麗だったので、心は癒されたんですが、しゃぶしゃぶしたかった~
お疲れでした。またよろしくです。
うぞっ
2022/03/14 15:05:17
>>返信
Re:
>すずきんさん
そうなんです。釣り自体は問題ないけどいろいろ思っていることができない状態でした。ミヨシだとだめだったかもです。

煩悩仕掛けは、一尾ずつ無理やりでも三目釣る気満々だったんですが、あっとうまに普通の胴突き2本仕掛けになりました。ま~想定どおりですけど。
またよろしくです。
うぞっ
2022/03/14 15:03:03
>>返信
Re:
>たー坊さん
朝一だけかと思ったら、途中の潮止まり以外長い事サバに悩まされましたね。アラはダメでも船中オニぐらいはあがるかと思ってたんですが、なかなか思い通りには行ってくれません。
でもデカいヒラメもあがったし、天気も良くて楽しい釣行でした。また遊びましょう。
うぞっ
2022/03/14 14:58:44
>>返信

お疲れさまでした。
しぶといサバ攻撃には参りましたね。
メダイなんてのもあげていたとはw
遠くから歓声が聞こえてくる、そんな一日でした^^;;
またお願いします^^v
あかべー
2022/03/14 09:58:24
>>返信

途中、移動時にトイレに行ったら、うぞっさん横になってたんで、あれ?と思ったんですが、プチ酔いだったんですね。^^;;
”煩悩仕掛け”って、てっきり笑い話かと思ったら、本気で作ってたんですね。
さすがです^^v
すずきん
2022/03/14 09:37:37
>>返信

うぞっさん
お疲れ様でした。サバが元気すぎましたね。私も最初は沖メバル狙いのフラッシャー6本針でやっていたのですが、毎回サバパーフェクト(笑)たまらず、アラ用の銅付きに変えてデカいサバ短つけたら底にまで仕掛けが落ちました。
それでも、気心の知れた仲間との仕立ては楽しいです。また、宜しくです。
たー坊
2022/03/13 20:48:30
>>返信
Re:
>まるかつさん
上はサバ、下はサメというサ行攻撃は想定していたのですが、なかなかサバ攻撃は止まなかったです。
数はいらないけどメバルはやっぱ食べたいんですけど、しゃぶしゃぶだけは何とかしたかったです。
幹事ありがとうございました。楽しかったです。
うぞっ
2022/03/13 19:59:15
>>返信

遠くまで煩悩の旅、お疲れさまでした。
皆さん思い思いに楽しんでいただけたと思いますが、やはり「煩悩仕掛けはサバにやられる...。」という結末でしたね。男前仕掛けにサバの半身半割エサで勝負したいところです。
でもメバルもちょこっとオカズに欲しいんだよね。そこが人間の弱い所なんだけど、また仕立てやりますよ!!
まるかつ
2022/03/13 16:31:30
>>返信

ブログ更新情報

テーマ別

魚種・釣り物別